ニュース
» 2011年04月13日 14時33分 UPDATE

まとめ読み!誠 PDF:テレビに出演して“見えない圧力”を感じた、上杉隆氏

読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回はジャーナリストの上杉隆さんと人気ブロガーのちきりんさんの対談をまとめました。

[Business Media 誠]

 面白いと思った特集や連載を、まとめて読みたいと思ったことはありませんか? 「まとめ読み!誠 PDF」は、注目を集めた特集や連載を、まとめて読めるPDFファイルに再編集。1度ダウンロードすれば、気になる記事をいつでも読むことができます。

 以下「朝日新聞の記者はそんなにスゴイの? 日本の常識と世界の非常識」(2009年8月5日)の冒頭部分を再掲します。「まとめ読み!誠 PDF」をダウンロードすると、ジャーナリストの上杉隆さんと人気ブロガーのちきりんさんの対談をまとめて読むことができます。

 →NHKを1週間で“左遷”? 上杉隆さんの駆け出し

 →記者クラブ問題が存在しないワケ

多くのジャーナリストは記者の仕事しか知らない

yd_makoto.jpg ちきりんさん(左)と上杉隆氏(右)

ちきりん:上杉さんの手法はリスクが大きいですね。100人のジャーナリストが上杉さんと同じようにやっても、何人生き残れるか……。

上杉:メディア希望の学生には、こう言ってます。「面接などで絶対に上杉隆の名前を出してはいけない」と(笑)。ましてや尊敬するジャーナリストや感銘を受けた本の名前を挙げる際にも、「上杉隆の名前を出すな」とも。

 入社して正式採用されてから「上杉隆」の名前を出した方がいい、とアドバイスしています。だけど“干される”かもしれないよ、とも(笑)。

ちきりん:お話を聞いていると、多くのジャーナリストは記者の仕事しか知らないようですね。違う業界を少なくとも2つ知らないと、自分の立ち位置が分からないのでは?

 欧米では転職が当たり前なので、日本でも転職経験を持つ人が増えるのはいいことだと思っています。なぜなら複眼的な視点を持つことができるし、2つ知ると3つ見たくなり、3つ知ると4つ見たくなるもの。そうしていろいろな視点を持つことができるのではないでしょうか。

 外資系企業には新卒採用より中途採用が中心の会社が多くあります。なので社内には多くのバックグラウンドを持った人が集まり、10人いれば10個の業界を知ることができます。いろいろな経験を持つ人と接していると、世の中の“距離感”のようなものが、分かってくると思うのですが。

上杉:記者クラブの本が書けたのも、いろいろな経験をしたことが役立っていると思っています。僕は大学を卒業し、NHKに就職した。もちろんNHKは記者クラブに加盟しており、そこで働いてきました。その後、鳩山邦夫事務所で広報担当をしていたので、記者クラブの内側で外に向かって情報を発信していた。

 そして記者クラブのオブザーバー的な立場のニューヨークタイムズで仕事をし、今はフリーの立場で、記者クラブの外側にいることに。つまり4つの視点があったから、記者クラブのことが書けたのかもしれない。(続きは「まとめ読み!誠 PDF」で)。

「まとめ読み!誠 PDF」のダウンロードはこちらから

 →テレビに出演して分かったこと。それは“見えない空気”という圧力」(7話〜9話)をダウンロードする。


  • まとめ読み!誠 PDFはPDFファイルで作成しています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です(無償)
  • まとめ読み!誠 PDFのダウンロードは無償ですが、アイティメディアIDへの登録が必要です。登録していない場合や、登録済みの情報に不足がある場合、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面に移動しますので、登録をお願いします。
  • まとめ読み!誠 PDFは、すでに掲載した記事をまとめたものです。記事掲載時点の情報にて記述していますので、一部の表現が現状にそぐわない可能性がございますが、ご了承ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集