コラム
» 2011年04月13日 08時00分 UPDATE

震災復興のために、宝くじ付きレシートの導入を

台湾で発行されている宝くじ付きレシート。台湾で1952年に導入した時には導入前と導入後で、消費税による税収が2倍になったという。東日本大震災からの復興資金を得るために、この宝くじレシートを導入してはどうだろうか。

[樋口健夫,Business Media 誠]
誠ブログ

 2010年、私は大阪経済大学の樋口克次教授と2人で、台湾の「統一発票(レシート宝くじ)」の調査訪問を行った。

 台湾では、すでに1952年よりレシート宝くじを実施している。すべてのお店で商品購入をすると、政府の発行する公の用紙のレシートが発行される。そのレシートには1つ1つに異なった番号が付いていて、2カ月に1度抽選があり、市民は自分の手持ちのたくさんのレシートを、家族みんなでチェックして、楽しんでいる。1952年の導入前と導入後では、消費税で2倍以上の収税効果があったという。

 レシートは、政府が発行したものをすべての店や会社が使用する。市民は何かを購入すると、宝くじのことがあるので、必ずその店にレシートを要求するようになる。そのために消費税の収税がより正確に行われることになるのだ。

 「これを日本に導入してはどうか」というのが、私と樋口克次教授の意見である。

 調査訪問した結果、宝くじ付き消費税レシートは予想以上に消費税の収税効果が大きいことと、市民の消費税に対しての親しみを増すことが分かった。消費税の収税効果に関しては、すでに「税収は2倍以上なのに消費者大喜び――『レシート宝くじ』の秘密を台湾・財務部に聞いてみた」で報告している。

 これを現在の東日本大震災復興の目玉にして、活用してはどうだろうか。まず、消費税を現在の5%から10%に引き上げる。そして、その差を東日本での耐津波復興に費やすことで、日本を元気に戻したい。

 宝くじレシートには、国民を楽しませて、同時に災害復興のための資金を集めることができる、という一石二鳥の効果がある。さらに、金額に関わらず宝くじのレシートが発行されることから、この宝くじレシートそのものを、当たりや外れが判明する前に、寄付する習慣ができあがっている。

 台湾では、多くの町の通りや空港まで、宝くじレシートを寄付する箱が置かれている。身体障害者を助ける団体1つでも、この寄付レシートで、毎年数百万円の当たりくじを得ているというから、その効果は極めて大きい。

 台湾の財政省もこの宝くじレシートの効果には絶対の自信を持っており、また、消費税への市民の印象がすごく良いことに驚いた。日本では、既存の宝くじ制度を守るために、既存の宝くじの関係官庁が反対する可能性があるが、このレシート宝くじ統一発票で……

(1)現状の税率でも膨大な消費税収入の増加を確保できる

(2)消費税を納税すべき企業やお店が明確になる

(3)消費税における税の公平性が高まる

(4)消費税の人気が良くなる

(5)消費税にともなうさまざまな募金効果が大きい

(6)消費税率の調整が比較的簡単である

(7)現在の情報ネットワークを活用すれば、リアルタイムで消費税の集まり具合が(コンビニの売り上げ並みに)瞬時に分かり、景気の動向を簡単に把握することができる

……といった効果を見ていると、これを実施しない手はないと思う。現在の大震災復興のための資金確保での中心になれる税制であり、蓮舫大臣も統一発票はよくご存じのはずだ。

 消費税に宝くじを付けて、当たりの懸賞金を支払ってもかなりの増収が見込まれる。さらに税率を5%を10%にすれば、さらなる増収も見込めると私たちは計算している。これが復興の目玉にして、国内と地元の企業を活性化させよう。

makotoblog_logo.gif

※この記事は、誠ブログ震災復興のために 統一発票(宝くじ付き消費税レシート)の提案」より転載しています。

※上記ブログエントリのコメント欄で教えていただいたリンク集、ブログパーツ配布サイトについては、下記「関連リンク」に追加しました。ご参照ください。

 誠ブログでは、ブログを執筆してくださるブロガーを募集中です。詳細については、「誠ブログとは?」「FAQ」をご覧下さい。


注目のテーマ

ITmedia 総力特集