調査リポート
» 2011年04月08日 14時00分 UPDATE

2012年度の新卒採用数、震災後も92%は「当初の計画通り」

[Business Media 誠]

 ディスコは4月8日、「採用活動に関する緊急調査」を発表した。それによると、震災で2012年度の新卒採用人数に影響が出るか尋ねたところ、「当初の計画通り」が92.2%と9割以上を占めていることが分かった。「減らす見通し」が5.4%、「採用を取りやめる見通し」が1.4%で、逆に「増やす見通し」とした企業も1.0%あった。

ah_saiyo1.jpg 震災の影響で、2012年度の採用人数に変更は出そうですか? (出典:ディスコ)

半数は選考の開始時期で対応

 「震災の影響で2012年度の選考の開始時期を変更しましたか?」と聞くと、なんらかの形で対応した企業は54.0%。「全体を延期」が28.3%、「活動できない学生のみ別途対応」が14.9%、「被災地域と首都圏などを延期」が6.6%と、具体的な対応内容は分かれているようだ。

 何らかの形で対応した企業の割合を従業員数別に見ると、299人以下では34.2%、300〜999人では51.7%、1000人以上では76.4%と、規模が大きくなるほど増えていた。ディスコでは「大手になるほど全国展開で採用活動を行う場合が多く、地域間の公平性に配慮しているなどの理由が考えられる」とコメントしている。

 延期した企業に延期期間を聞くと、最も多かったのは「1カ月以上2カ月未満」で46.0%。以下、「1カ月未満」が26.9%、「3カ月以上」が13.9%で続き、「未定」とした企業も12.2%あった。

 インターネットによる調査で、対象は全国の企業1万4568社。調査期間は3月29日から4月4日。

ah_saiyo2.jpg 震災の影響で2012年度の選考の開始時期を変更しましたか? (出典:ディスコ)

関連キーワード

地震 | 企業 | 人材採用


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集