ニュース
» 2011年04月06日 22時36分 UPDATE

じゃらんnet、復興支援のための義援金プランのある宿を紹介

宿泊予約サイト「じゃらんnet」が、義援金プラン付きの宿泊施設の紹介を始めた。予約者が実際に宿泊すると、代金の一部を宿泊施設が義援金として寄付する仕組みだ。

[岡田大助,Business Media 誠]
がんばろう日本 復興支援のための義援金プランのある宿

 リクルートは4月5日、宿泊予約サイト「じゃらんnet」で「復興支援のための義援金プランのある宿」の紹介を始めた。スローガンは「がんばろう日本」だ。

 4月5日19時時点で、掲載数は187施設489プラン。寄付金の額は、宿泊施設が100円以上でそれぞれ設定し、ユーザーが予約したプランで実際に宿泊する代金の一部が寄付される。このプランには、東日本大震災の被災地である青森や岩手、福島、茨城などの宿泊施設も参加している。

 寄付先は、日本赤十字社、赤い羽根共同募金、ジャパンプラットフォームなど。各宿泊施設ごとに、寄付合計金額や寄付先が報告される予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集