ニュース
» 2011年04月01日 20時34分 UPDATE

黒いチタン製ボディに会津漆の朱色が際立つ特別仕様の「MR-G」――カシオ

「バーゼルワールド2011」会場で、今年もG-SHOCKの最上位モデル「MR-G」の特別仕様モデルが発表された。日本伝統の朱色が映える「MRG-8100JP」だ。

[岡田大助,Business Media 誠]
MRG-8100JP MRG-8100JP(出典:カシオ計算機)

 カシオ計算機は、「バーゼルワールド2011」会場で、G-SHOCKの最上位モデル「MR-G」の特別仕様モデル「MRG-8100JP」を発表した。和風テイストを際立たせるのは都市コードリングに塗られた朱色の漆だ。50本限定で7月に発売する予定で、価格は57万7500円(※2011年4月12日追記:本モデルは東日本大震災の影響により部品の調達が困難となったため、発売が延期された。発売時期は未定だ)。

 2011年のMR-Gバーゼルモデルは、黒いチタン製のボディに日本の伝統色である朱色が映える。職人の手によって1つひとつ丁寧に塗られた会津漆の下地には18金めっきを施す。MR-Gのロゴを印字したサイドボタンには再結晶ルビーを埋め込んだ。

 毎年、バーゼルワールド会場で特別仕様モデルが登場するMR-G。6年ぶりにバーゼルに復帰した2008年には18金ピンクゴールドリングをあしらった100本限定出展記念モデル「MRG-8000RG」、2009年にはデザインモチーフに甲冑(かっちゅう)の色彩や匠の美などを取り入れた「MRG-8100G」、2010年には都市コードリングに京セラ製の再結晶ルビー(4.85カラット、約0.97グラム)を採用した「MRG-8100R」が登場した。

 フェース上を動く針は、3面にカットした立体感のある削り出し。バンドの中駒は高硬度の64チタン合金(チタン90%、アルミニウム6%、バナジウム4%)を用いるなど、匠の技と先端の金属加工技術を兼ね備えるモデルとなった。

MRG-8100JP 会津漆の朱色に塗られた都市コードリングが際立つ(出典:カシオ計算機)

 サイズは50.7×46×13.1ミリ(縦×横×厚さ)で、重さは約110グラム。耐衝撃構造や20気圧防水といったG-SHOCKらしさはもちろん、世界6局の標準電波を受信する「マルチバンド6」、ソーラー充電システム「タフソーラー」などの機能を備える。黒い漆塗りの専用パッケージ付き。

MRG-8100JPMRG-8100JP 「バーゼルワールド2011」カシオブースの最奥に鎮座していた「MRG-8100JP」(Photo by 山形豪)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集