ニュース
» 2011年03月29日 16時38分 UPDATE

リンカーンのクロスオーバー「MKX」――パワートレインを全面改良

リンカーンのクロスオーバー「MKX」が4月2日に発売される。パワートレインを一新し、燃費を改善しつつも40馬力の向上を図った。価格は630万円。

[岡田大助,Business Media 誠]

 フォード・ジャパンは4月2日、リンカーンのクロスオーバー「MKX」を発売する。パワートレインを一新し、燃費を改善しつつも40馬力の向上を図った。価格は630万円。

MKX リンカーン「MKX」(出典:フォード・ジャパン)

 フロントマスクの「スプリットウインググリル」の両端にはヘッドライトユニットがウイングデザインの一部として配置されるほか、随所にリンカーンらしさを象徴する「ウイングシェイプ」をモチーフにするデザインを採用する。インテリアでは、ブラックのプレミアムレザーやウォルナットウッドパネルなどを使い、上質感を演出する。

 このほか、8インチのタッチパネル式カラースクリーンにさまざまな情報を一元化する「MyLincoln Touch」を新たに搭載。タッチパネルでの操作以外に、ステアリングに設けられたスイッチや、英語音声操作となるSYNCなどからも操作できる。

MKX (出典:フォード・ジャパン)

 3.7リットルV型6気筒エンジンには6速ATを組み合わせる。吸排気独立可変バルブタイミング機構「Ti-VCT」を採用し、燃費の改善を図りながら最高出力を40馬力向上した。最高出力は227キロワット(309馬力)/6500rpm、最大トルクは380ニュートンメートル/4000rpmとなっている。また、減速時燃料遮断機構「ADFSO」を導入し、低速走行時などエンジンに対する負荷が少ない場合に燃料供給量を絞って燃費を改善する。

 ボディサイズは4740×1930×1685ミリ(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2820ミリ、車両重量は2030キロ、乗車定員は5人だ。ボディカラーは、タキシードブラックとホワイトプラチナムの2色を用意する。

MKX (出典:フォード・ジャパン)

関連キーワード

燃費 | エンジン | 自動車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集