連載
» 2011年03月18日 15時56分 UPDATE

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:原発事故の暗雲が“空の道”を遮断する。欧州系キャリアでは成田から撤退の動きも (1/2)

大地震にともなう原発事故が深刻化し、各国のエアラインが対応に追われている。欧州系キャリアでは、成田から“撤退”する動きも出てきた。日本人旅行者にも今後、重大な影響がおよぶことは間違いない。

[秋本俊二,Business Media 誠]

海外から日本への搭乗客が激減

「いつもだと満席という日も多いのに、機内は空席だらけでしたよ。2席並びのシートを1人で占有して帰ってきたのでラクラクでしたが、こんな状況はかつて一度もなかったと記憶しています」

 ロンドン出張を終えて帰国した日本人商社マンは、成田空港の到着ロビーから電話でそう伝えてくれた。ビジネスクラスもエコノミークラスも、すべてガラガラだったそうだ。アジア系エアラインでも、各国から日本に向かう便の搭乗客は激減しているという。

 反対に、日本から海外への便はいずれも満席で、空港の出発ロビーは混乱が続いている。地震による福島原発の事故を受けて、ヨーロッパの一部の国では日本に滞在する自国民に対し「速やかな出国を」と勧告。フランス大使館でも、自国民を日本から退避させるプランの策定をエールフランス航空に要請したそうだ。

飛行機と空と旅 東日本を襲った大地震で成田空港も混乱が続いた

被曝(ひばく)を恐れてクルーが搭乗拒否

 欠航や運休も相次いでいる。じつは私も、3月12日(土)のスカンジナビア航空984便で成田からノルウェーへの取材に発つ予定だった。だが、前日に発生した地震の影響でフライトはキャンセルに。スカンジナビア航空は週明けに運航を再開したものの、オーストリア航空スイスインターナショナルエアラインズなど、欧州系キャリアの何社かは成田便の運休を続けた。運航を再開するエアラインと、欠航を決めるエアラインと──どういう判断で分かれたのか? 欧州系エアライン数社の現地にいる日本人クルーに電話やメールで取材してみたところ、ある事実が浮上した。

 「被曝(ひばく)を恐れたクルーたちが日本へのフライトの乗務を拒否しているんです」と話してくれたのは、勤続7年のベテラン乗務員Mさんだ。「日本行きを家族に止められている同僚もいます。福島原発の事故はこちらでも連日、大きなニュースとして取り上げられていますからね。ヨーロッパでは多くの人たちの脳裏に、あのチェルノブイリの悪夢が焼きついているのでしょう。会社が飛ばす気になっても、人手不足で飛ばせないというのが実情です」

飛行機と空と旅 オーストリア航空の成田からウィーンへの便も一時欠航に
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -