ニュース
» 2011年03月18日 08時01分 UPDATE

まとめ読み!誠 PDF:NHKを1週間で“左遷”? 上杉隆さんの駆け出し

読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回はジャーナリスト・上杉隆さんと、人気ブロガー・ちきりんさんの対談をまとめました。

[Business Media 誠]

 面白いと思った特集や連載を、まとめて読みたいと思ったことはありませんか? 「まとめ読み!誠 PDF」は、注目を集めた特集や連載を、まとめて読めるPDFファイルに再編集。1度ダウンロードすれば、気になる記事をいつでも読むことができます。

 以下「NHKを1週間で左遷され……政治とメディアの世界を“いったりきたり”」(2009年7月15日)の冒頭部分を再掲します。「まとめ読み!誠 PDF」をダウンロードすると、「上杉隆さん×ちきりんさんの対談」(第1回〜第3回)をまとめて読むことができます。

“汚くない秘書”の世界に

yd_makoto.jpg 2002年よりフリージャーナリストとして活躍する上杉隆氏

ちきりん:杉さんは、なぜジャーナリストになろうと思ったのですか?

上杉:僕がまだ小学生のころ『兼高かおる世界の旅』という番組があり、それを見て「いいなあ、世界旅行をしてみたいなあ」と思っていたんです。そして兼高さんの肩書きを見ると、「ジャーナリスト」と書かれていた。僕は単純なので「ジャーナリストというのは世界に行けるんだ!」と思い込んでしまい、小学校の卒業文集に「兼高かおるさんの2世になりたい」と書いたところ、先生に怒られてしまった(笑)。

 そのころから「ジャーナリストになりたい」という思いがあり、大学を卒業し、NHKに就職しました。そして研修を受けていたのですが、1週間後に「本社の渋谷に行け!」という命令が……。当時、本社に行くということは「俺って、偉くなったのかな!?」と思っていたのですが、実は「この新人は使えない。だから本社から出すな!」ということだった(笑)。

ちきりん:入社1週間で、“左遷”ですね(笑)

上杉:そしてテレビ番組『おはよう日本』の前身……『モーニングワイド』という番組で、校閲を担当していました。しかしその仕事をしていても、「取材に出たい。現場に行きたい」という思いが強くなるばかり。ある日、NHKの政治担当記者に相談したんです。「政治のインナーサークル(権力中枢部)を見てみたい」と。しかし、その人に「そんなの見られないよ」と言われてしまった。

 でも政治記者だったら見られますよね? と聞いたところ、その人はこう言いました。「政治記者でもインナーサークルは見れない。もし見たいのなら政治家になるか、政治家の秘書になるか、政党職員になるしかない」と。しかし僕は政治家になるつもりはなかったし、政党職員は暗い感じがした。また政治家の秘書は汚なそうなイメージがあった(笑)。でもその中で「どれがいいかなあ」と考えたとき、“汚くない秘書”ならいいのではないかと思ったんです。そして、“お金持ち”の鳩山邦夫事務所を紹介してもらいました(笑)。(続きは「まとめ読み!誠 PDF」で)。

「まとめ読み!誠 PDF」のダウンロードはこちらから

 →上杉隆さん×ちきりんさんの対談」(第1回〜第3回)をダウンロードする。


  • まとめ読み!誠 PDFはPDFファイルで作成しています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です(無償)
  • まとめ読み!誠 PDFのダウンロードは無償ですが、アイティメディアIDへの登録が必要です。登録していない場合や、登録済みの情報に不足がある場合、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面に移動しますので、登録をお願いします。
  • まとめ読み!誠 PDFは、すでに掲載した記事をまとめたものです。記事掲載時点の情報にて記述していますので、一部の表現が現状にそぐわない可能性がございますが、ご了承ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集