ニュース
» 2011年03月17日 11時23分 UPDATE

福島県・おおたかどや山標準電波送信所が停波中

電波時計の自動時刻合わせに使う標準電波を送信する福島県・おおたかどや山標準電波送信所(40KHz)からの電波送信が停止している。はがね山標準電波送信所は通常どおり。

[岡田大助,Business Media 誠]

 電波時計の自動時刻合わせに使う標準電波を送信する福島県・おおたかどや山標準電波送信所(40KHz)からの電波送信が停止している。これは、福島原発周辺地域に対する避難指示によるものだ。

 なお、福岡県のはがね山標準電波送信所(60KHz)は通常どおりの運用を行っているため、はがね山の電波が受信できる環境では電波時計は正常に自動時刻合わせが可能だ。また、東京都小金井市にある情報通信研究機構(NICT)で運用している日本標準時システムは正常に運用している。

do_toki100617_06.jpg標準電波送信所 おおたかどや山標準電波送信所(左)と、はがね山標準電波送信所(出典:情報通信研究機構)

 ちなみに、標準電波が受信できなくなったとしても、電波時計は通常の時計として機能するので、大きく時刻がずれることはない。

標準電波 国内の標準電波受信地域(出典:カシオ)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集