ニュース
» 2011年03月16日 14時16分 UPDATE

新入社員教育にどのくらいの費用をかけていますか?

新入社員が入社する4月まであと少し。新入社員教育に当たっては、小企業は入社前研修にコストを割いているのに対して、大企業では入社後研修にコストを割く傾向にあるようだ。産労総合研究所調べ。

[Business Media 誠]

 新入社員が入社する4月まであと少し。社会人としての基礎を身に付けさせるため、企業はどのくらいのコストを新入社員にかけているのだろうか。

 産労総合研究所の調査によると、「新入社員1人当たりの研修費用(入社前教育)」について尋ねると、「1万〜1万5000円未満」(17.6%)、「1万5000円〜3万円未満」(19.7%)、「3万〜5万円未満」(18.3%)が上位。平均は4万3798円で、会社の規模※が小さくなるほど1人当たりの額は大きくなっていた(大企業3万3301円、中企業3万9909円、小企業5万1760円)。

※小企業は従業員が999人以下、中企業は1000人以上2999人以下、大企業は3000人以上と定義した。

 一方、入社後教育での新入社員1人当たりの研修費用では、「10万〜15万円未満」(16.3%)が最も割合が高く、「50万円以上」という企業も6.9%あった。平均は16万5191円で、入社前教育とは違い、大企業が最も1人当たりの額が大きくなっていた(大企業25万2036円、中企業13万3934円、小企業13万9580円)。

ah_sanro1.jpg 入社後教育での新入社員1人当たりの研修費用(出典:産労総合研究所)

大企業ほど「環境問題」や「TOEIC」の教育を重視

 入社後教育の集合研修のテーマでは、「ビジネス・マナー」の実施率が95.4%と最も高かった。以下、「コミュニケーション(報告・連絡・相談を含む)」が89.0%、「経営理念・創業理念」が87.7%、「コンプライアンス」が81.7%で続いた。産労総合研究所では「まずは企業人として、社会人としての基礎を学ぶテーマの実施率が高い」とコメントしている。

 会社の規模別に見ると、「環境問題」「TOEIC」などは大企業の実施率が高くなっていた。

 調査対象は『企業と人材』の読者から任意に抽出した企業のうち回答があった230社。調査期間は2010年10月下旬から11月下旬。

ah_sanro2.jpg 入社後教育の集合研修のテーマ(出典:産労総合研究所)

関連キーワード

企業 | 新入社員 | 教育


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集