ニュース
» 2011年03月16日 13時01分 UPDATE

VWゴルフのオープンモデル「カブリオレ」 (1/3)

フォルクスワーゲンはジュネーブモーターショーにおいて、ゴルフのオープンモデル「ゴルフ カブリオレ」を初公開した。ゴルフにとっては久しぶりとなるカブリオレの復活だ。

[日岐まほろ,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 フォルクスワーゲンはジュネーブモーターショーにおいて、ゴルフのオープンモデル「ゴルフ カブリオレ」を初公開した。ゴルフにとっては久しぶりとなるカブリオレの復活だ。

エキサイトイズム

 ゴルフ カブリオレが初めて市場にデビューしたのは1980年のこと。以来、世代を重ねながらさまざまな表情を見せてきたゴルフのオープンはポピュラーなモデルとして親しまれてきた。

 今回新たに加わった最新のカブリオレは、わずか9.5秒でフルオープンとなる電動開閉式ソフトトップを備えるスタイリッシュな4シーターオープンだ。新型ゴルフ カブリオレのボディサイズは4250×1780×1420ミリ(全長×全幅×全高)。ハッチバックモデルと大きく異なるのは全高の値だ。約60ミリ以上低く設定された低いルーフラインと、それに合わせ傾斜角を強めたウィンドースクリーンは、ゴルフ カブリオレのエクステリアをスタイリッシュに演出する。

エキサイトイズム

 先進技術により開発されたファブリック製のソフトトップや、専用開発となるウインドウおよびドアのシール機構を採用することで、クローズ時にはハッチバックのゴルフシリーズ同様の優れた静粛性を確保。またソフトトップ格納時にはトップ先端上部が、そのままルーフ収納ボックス全体をカバーを担当するというアイデアを投入。これにより、従来は個別パーツとして用意されていたソフトトップカバーが不要となった。

エキサイトイズム
       1|2|3 次のページへ

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集