ニュース
» 2011年03月15日 13時25分 UPDATE

前日24時間の通行データを基にした東北地方の「自動車・通行実績情報マップ」公開

Googleは、東北地方太平洋沖地震の被害地域を対象にした「自動車・通行実績情報マップ」を公開している。個人が現地に向かうことは、系統的な救援・支援活動の妨げとなるので行かないでほしい。

[岡田大助,Business Media 誠]

 Googleは、東北地方太平洋沖地震の被害地域を対象にした「自動車・通行実績情報マップ」を公開している。前日の0時〜24時までの間に通行実績のあった道路を青色で、実績のなかった道路を灰色で表示する。

自動車・通行実績情報マップ 自動車・通行実績情報マップ

 自動車・通行実績情報マップは、あくまでも被災地域内での移動の参考となる情報を提供するもの。個人が現地に向かうことは、系統的な救援・支援活動の妨げとなるので行かないでほしい。

 このマップのデータは、本田技研工業のカーナビを利用した双方向情報ネットワークサービス「インターナビ・プレミアムクラブ」と、パイオニアのカーナビを利用したサービス「スマートループ」が作成した通行実績情報(フローティングカーデータ)を基に作成している。

 24時間ごとに通行実績情報は更新されるが、通行実績がある道路が現在も通行できることを保証するものではない。また、緊急交通路に指定された道路もあり、一般車両の通行ができない可能性もある。

 なお、ホンダではFCDデータのダウンロード提供も行っている。提供するKMZファイルはGoogleEarthで表示できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集