ニュース
» 2011年03月14日 17時33分 UPDATE

ユニクロ、ヒートテック30万着など被災地へ寄贈――総額14億円の義援金も

ユニクロやジーユーを運営するファーストリテイリングは、グループ全体で14億円の義援金(柳井会長個人分10億円を含む)の寄付を決めた。ヒートテック30万着など7億円分の衣料品も寄贈する。

[岡田大助,Business Media 誠]
ユニクロ ユニクロ

 ファーストリテイリングは3月14日、東北地方太平洋沖地震の被災地への義援金として、同グループから3億円、全世界のグループ従業員から1億円を、日本赤十字社などを通じて寄付する。また、柳井正会長兼社長も個人的に10億円の義援金を拠出する。

 また、被災地への支援物資として防寒衣料「ヒートテック」30万点、肌着、アウター、ジーンズ、タオルなど、ユニクロ、ジーユー両ブランドの衣料品7億円相当を寄贈する。

 さらに、全世界の各店舗(ユニクロ、ジーユー、コントワー・デ・コトニエ、プリンセス タム・タム、セオリーなど約2200店舗)に募金箱を設置する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集