ニュース
» 2011年03月12日 19時15分 UPDATE

国税庁、宮城など5県の納税者の確定申告期限を延長

国税庁は3月12日、東北地方太平洋沖地震の発生に伴い、国税に関する申告・納付などの期限の延長を行うと発表した。対象は青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県の納税者。

[Business Media 誠]

 国税庁は3月12日、東北地方太平洋沖地震の発生に伴い、国税に関する申告・納付などの期限の延長を行うと発表した。3月15日に所得税・贈与税の申告・納付(確定申告)の期限が迫っていることに対応した。

 対象は青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県の納税者。東北地方太平洋沖地震が発生した3月11日以後に到来する申告などの期限が、すべての税目について自動的に延長される。いつまで延長するかについては、「今後、被災者の状況に十分配慮して検討していく」という。

 このほかの地域の納税者についても、交通途絶などにより、申告などが困難な場合は期限延長が認められる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集