ニュース
» 2011年03月09日 15時31分 UPDATE

さらに“裸足に近い感覚”に、ランニングシューズ「ナイキ フリー ラン+ 2」

ナイキジャパンは4月1日、ランニングシューズ「ナイキ フリー ラン+ 2」を発売する。中足部のサポート性を高め、安定性を向上した。男女それぞれ6色展開で、価格は1万1550円。

[岡田大助,Business Media 誠]
ナイキ フリー ラン+ 2 ナイキ フリー ラン+ 2(出典:ナイキジャパン)

 ナイキジャパンは4月1日、ランニングシューズ「ナイキ フリー ラン+ 2」を発売する。裸足に近い感覚で走れるというシューズは、フィット感がさらに向上した。価格は1万1550円。

 2004年に発売を開始した「ナイキ フリー」は、シューズを履きながらも裸足同様の足の動きを実現することで、普段使用されていない筋肉を刺激し、足そのものを鍛えるというコンセプトで生まれた。ソールには「フレックスグルーブ」と名付けられた多数の溝が刻まれ、屈曲する足指が地面をしっかりととらえる動きを可能にした。

 フリー ラン+ 2では、2層構造のアッパーによりサポート性と広い可動域を両立する。足に触れる1層目はフィット感を重視して、メッシュと高強度を持ちつつも薄い素材を熱圧着したシームレスな構造を採用。2層目は、サポート性と耐久性が必要な部分のみ強度の高い素材を配置し、不要な部分はくりぬいて軽量化を図った。前モデルに比べると、中足部のサポート性を高め、安定性が向上している。

 男性向けは24.5〜30センチで6色展開。女性向けは22.5〜26センチで同じく6色を用意する。また、3月30日からはカスタマイズ可能なNIKEiDモデル「ナイキ フリー ラン+ 2 iD」も販売する。価格は1万4700円。

ナイキ フリー ラン+ 2ナイキ フリー ラン+ 2 (出典:ナイキジャパン)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -