調査リポート
» 2011年03月09日 12時30分 UPDATE

小学生の子を持つ親の8人に1人、「子どもが危険な目にあったことがある」

[Business Media 誠]

 先日、熊本市のスーパーに両親と来ていた3歳の女児が、親と離れた隙に殺害されるという事件が発生した。親は子どもの防犯に関して、どのような対策をしているのだろうか。

 マイボイスコムの調査によると、小学生の子どもを持つ親の13.8%は、子どもが危険な目にあった経験をしたことがあると分かった。また、子どもの居場所が分からなくなって心配した経験のある親は48.1%と半数近くにのぼっていた。

ah_bou1.jpg 子どもが危険な目にあった経験(出典:マイボイスコム)

半数以上が防犯ブザーを持たせている

 家庭内で子どもに対する防犯教育を行っている親は81.6%と、5人に4人以上を占めていた。18.4%は行っていないことになるが、その理由としては「何をしていいか分からないから」(59.6%)や「学校で行っていると思うから」(36.4%)などが挙がった。「必要ないと思うから」はわずか9.1%で、防犯教育を行っていない親でも重要という意識はあるようだ。

 具体的にはどんな対策をとっているのか。「子どもに持たせている防犯グッズ」を聞くと、最も多かったのは「防犯ブザー」で66.2%。以下、「GPS機能付き携帯電話」が13.4%、「GPS機能付きでない携帯電話」が5.9%で続いた。一方、「持たせていない」という親も25.4%いた。

 インターネットによる調査で、対象は小学生の子どもを持つ親539人(男性247人、女性292人)。調査期間は2月10日から15日。

ah_bou2.jpg 子どもに持たせている防犯グッズ(出典:マイボイスコム)

関連キーワード

子供 | 防犯 | 小学校


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集