ニュース
» 2011年03月08日 08時00分 UPDATE

まとめ読み!誠 PDF:訴えられたら、訴え返す! これが週刊誌の生きる道

読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回は週刊誌の編集長が登場したシンポジウム記事を、まとめて読むことができます。

[Business Media 誠]

 面白いと思った特集や連載を、まとめて読みたいと思ったことはありませんか? 「まとめ読み!誠 PDF」は、注目を集めた特集や連載を、まとめて読めるPDFファイルに再編集。1度ダウンロードすれば、気になる記事をいつでも読むことができます。

 以下「訴えられたら、訴え返すだけ……これが『週刊金曜日』の生きる道(前編)」(2009年6月4日)の冒頭部分を再掲します。「まとめ読み!誠 PDF」をダウンロードすると、週刊誌サミットで『週刊金曜日』の北村編集長が語った内容をまとめて読むことができます。

訴えられたら、訴え返すだけ

yd_makoto.jpg 『週刊金曜日』の北村肇編集長

元木昌彦(司会):よく周囲から「週刊誌はタブーに挑戦しなければならない」「お前ら、タブーになんか挑戦していない」といった指摘を受ける。

 そもそも週刊誌にとってタブーとは何か? 週刊誌のタブーは、実は「コンビニ」なのだ。またセブン-イレブンを頂点とするコンビニの悪の構造について、「お前たちはどこまで書けるのか?」という話もよく聞く。

 しかし『週刊金曜日』はセブン-イレブンに対し、戦いを挑んでいる週刊誌。タブーに挑戦する唯一とも言っていい雑誌だろう。

北村肇:『週刊金曜日』は基本的に広告を取っていないので、クライアントへのタブーがない。政治家は恐くないし、警察や検察の悪口は年中書いている。なので度胸はあるが、カネはない(笑)。

 各編集長から訴訟の話が出ているので、チラッと訴訟の話をする。僕は毎日新聞の社会部に30年近くいて、あと『サンデー毎日』の編集長と『週刊金曜日』の編集長を合わせて8年くらいしている。新聞の方が長いが、『サンデー毎日』のころから訴訟を起こされてきた。そして『週刊金曜日』に来たときに、消費者金融の武富士から「1億1000万円払え」と訴えられていた※(続きは「まとめ読み!誠 PDF」で)。

※『週刊金曜日』は2003年2月〜5月に、「武富士社員残虐物語」と題する記事を掲載。この記事を受け、消費者金融の武富士は『週刊金曜日』とジャーナリストの三宅勝久氏に対し、損害賠償を求め提訴した。

「まとめ読み!誠 PDF」のダウンロードはこちらから

 →週刊誌の名物編集長たちは、こんなことに悩んでいるを読む

 →スクープを連発しても、週刊誌が売れないワケを読む

 →週刊誌が衰退した理由を読む


  • まとめ読み!誠 PDFはPDFファイルで作成しています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です(無償)
  • まとめ読み!誠 PDFのダウンロードは無償ですが、アイティメディアIDへの登録が必要です。登録していない場合や、登録済みの情報に不足がある場合、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面に移動しますので、登録をお願いします。
  • まとめ読み!誠 PDFは、すでに掲載した記事をまとめたものです。記事掲載時点の情報にて記述していますので、一部の表現が現状にそぐわない可能性がございますが、ご了承ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集