ニュース
» 2011年03月02日 19時02分 UPDATE

まとめ読み!誠 PDF:週刊誌の名物編集長たちは、こんなことに悩んでいる

読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回は“週刊誌サミット”で語った、『SPA!』『週刊プレイボーイ』『週刊大衆』編集長の話を紹介する。

[Business Media 誠]

 面白いと思った特集や連載を、まとめて読みたいと思ったことはありませんか? 「まとめ読み!誠 PDF」は、注目を集めた特集や連載を、まとめて読めるPDFファイルに再編集。1度ダウンロードすれば、気になる記事をいつでも読むことができます。

 以下、「広告主をダマし続けていいのか? これからの『SPA!』のあり方」(2009年5月29日)の冒頭部分を再掲します。「まとめ読み!誠 PDF」をダウンロードすると、『週刊プレイボーイ』『週刊大衆』の編集長が語った記事を読むことができます。

週刊誌の“周辺部”にいる『SPA!』

yd_makoto.jpg 『SPA!』の渡部超編集長

元木昌彦(司会):『SPA+!』の渡部超さんは8代目の編集長。昔は「サブカルチャー雑誌」という言い方をされていたが、最近の『SPA!』は随分と変わってきた。例えば「ホームレスの(新)快適ライフに密着」といった記事があったり、読者層も変わってきているのかもしれない。渡部編集長には最近の『SPA!』の状況などをうかがいたい。

渡部超:『SPA!』は週刊誌の中でも、いわゆる“周辺部”にいる。よく「ニッチな週刊誌」と呼ばれるが、内容証明郵便は年に1.5本くらい届く。また届いた内容証明郵便の内容はメチャメチャひどい。

 今、抱えている裁判を紹介する。それは……ある外国人ジャーナリストが、とある外国人特派員の方を実名で「CIAのスパイだ」といった内容を書くという。その記事は「公共性がないので止めましょう」と何度も言ってきた。しかしその外国人ジャーナリストは怒り出したので「じゃあスパイくらいならいいか」と思って、書いてもらったら……インドから訴えられた(会場内笑い)。

 裁判で「CIAのスパイであることを立証しろ!」と言われたが、そんなこと立証できるわけないじゃないですか(笑)。我々の方は「CIAのスパイ(と書いたことは)名誉棄損に相当することですか」「かっこいいじゃないですか」と反論した(会場内笑い)。とまあ、裁判といってもこんな類のものが多い。

 社会的意義があったりするようなものではなくて、本当に“うかつ”な裁判……。なのでメディア規制などについて、僕に話せる資格はない。(続きは「まとめ読み!誠 PDF」で

“週刊誌まとめ”を読む

 →スクープを連発しても、週刊誌が売れないワケ」を読む

 →週刊誌が衰退した理由」を読む


  • まとめ読み!誠 PDFはPDFファイルで作成しています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です(無償)
  • まとめ読み!誠 PDFのダウンロードは無償ですが、アイティメディアIDへの登録が必要です。登録していない場合や、登録済みの情報に不足がある場合、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面に移動しますので、登録をお願いします。
  • まとめ読み!誠 PDFは、すでに掲載した記事をまとめたものです。記事掲載時点の情報にて記述していますので、一部の表現が現状にそぐわない可能性がございますが、ご了承ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集