ニュース
» 2011年03月02日 11時00分 UPDATE

スバルFRスポーツ、技術コンセプトを初公開――生産開始は2012年春

富士重工業は、ジュネーブモーターショー2011で「BOXER Sports Car Architecture」を初公開した。トヨタ自動車と共同開発中のFRスポーツ車に採用する。

[岡田大助,Business Media 誠]

 富士重工業は、開催中のジュネーブモーターショー2011で「BOXER Sports Car Architecture」を初公開した。トヨタ自動車と共同開発中のFRスポーツ車に採用する。

富士重工業 BOXER Sports Car Architecture(出典:富士重工業、画像をクリックすると拡大します)

 水平対向(ボクサー)エンジンを中心に据え新たに開発したFRレイアウトで、低重心、軽量・コンパクト、ショートホイールベースといった特徴を持つ。もともと低重心なボクサーエンジンの搭載位置を、スバルのAWDモデルよりも低く、車体の中央よりに設置できる。

富士重工業富士重工業 (出典:富士重工業、画像をクリックすると拡大します)

 エンジンフードを低くでき、ドライビングポジションも下げられる。スポーツカーらしいシルエットを描き出すことが可能になる。さらに、フロントオーバーハングとリアオーバーハングを短縮し、ヨー慣性モーメントの発生を軽減できるという。

 BOXER Sports Car Architectureのサイズは、4200×1770×1270ミリ(全長×全幅×全高)で、ホイールベースは2570ミリだ。スバルFRスポーツ車は、スバル初の量産FRモデルとして2012年春に生産開始を予定する。

富士重工業富士重工業富士重工業 (出典:富士重工業、画像をクリックすると拡大します)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集