ニュース
» 2011年03月01日 15時21分 UPDATE

VWがサンババス似のEVコンセプトカー発表

フォルクスワーゲンが、ジュネーブショーでコンパクトバンタイプのEVコンセプトカー「ブリー」を発表。往年の名車サンババスをモチーフに。

[西坂真人,@IT MONOist]

 フォルクスワーゲンは2011年3月1日、スイス・ジュネーブで行われている「第81回ジュネーブ国際モーターショー」でコンパクトバンタイプのEVコンセプトカー「ブリー」を発表した。

photo

 同社が半世紀前にリリースし、今なおファンの多いコンパクトバン「T1(サンババス)」をモチーフにしており、サンババスの特徴であるボンネット上のVラインや2トーンペイントを施している。空冷水平対向エンジン(後輪駆動方式)だったサンババスに対して、ブリーはボンネット内に電気モータ(前輪駆動方式)を装備。そのほか高電圧パルスインバータ(12ボルト仕様)やDC/DCコンバータなどとボンネット内に収められている。

photophoto

 搭載する電気モータは出力85キロワット/トルク270ニュートンメートルを発生し、40キロワット時の容量を持つリチウムイオン電池(床部にサンドイッチ状にシールド)によって最大300キロの走行が可能だという。静止状態から時速100キロまでの加速は11.5秒、最高速度は時速140キロ。

photo

 ブリーの車体サイズは3.99×1.75×1.7メートル(全長×全幅×全高)で、ホイールベースは2.62メートル。丸目ライトだったサンババスに対して、ブリーはL字形にLEDが配された細長いデュアルヘッドライトと、左右それぞれの隅で逆L字型に配されたLEDターンシグナルが水平にレイアウトされている。

photo

 インテリアでは2列6人掛けベンチシートを装備するほか、カーゴルームは370リットルのスペースを確保(リアシート収納時には1600リットル)。取り外し可能なiPadがセンターコンソールに設置されており、タッチスクリーン式のマルチファンクションディスプレイとして利用できる。カーナビゲーションシステムなどの操作やメディアセンターとしての機能に加え、Bluetoothによるハンズフリー機能も装備。iPad設置台の右には室内温度調節システムの操作系、中央部にはハザードランプスイッチが配置されている。

photophoto
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集