ニュース
» 2011年03月01日 00時00分 UPDATE

リアル店舗とネットショップ、両方を利用すればどんなメリットがある? (1/3)

ネットショッピングといえば、楽天やAmazonを思い浮かべる人が多いだろうが、リアル店舗とネットショップ、両方を併用している人も少なくない。例えばセブン-イレブンとセブンネットショッピングをうまく活用すれば、どのようなメリットがあるのだろうか。

[Business Media 誠]

 「ネットショッピングですか? 利用していますよ。そうですね……月に2〜3回、金額にして1万円くらいでしょうか。ボクは某サイトを利用することが多いのですが、購入する前に金券ショップに行って、そこのショッピングカードを買います。割引率は2%しかありませんが、それでも利用しないと損ですからね」――。IT業界で働く内堀一也(仮名・30歳)さんはこう語った。

 これは筆者の肌感覚だが、ネットを使って“賢く買い物をする人”が増えてきているのではないだろうか。例えば家電量販店の店頭に並ぶ商品を購入する前に、ネットで価格をチェック。そして安い方で買う……という人が珍しくなくなった。

 経済産業省の調査によると、2009年のネットショッピングの市場規模は4兆3750億円。2007年に比べると32%増加している。市場規模が急速に拡大するネットショッピング。どんな人たちが、このサービスを利用しているのだろうか。

ネットショッピングの利用が増えた背景

 ネットショッピングを利用している人の“ペルソナ像”を探るため、マクロミルの調査を見てみよう。

 直近1年間で、ネットショッピングを利用する頻度(ひんど)が「増えた」という人は49%。また「変わらない」は43%、「減少した」は8%にとどまった。「増えた」という人に、その理由を聞いてみると「安い商品が多いから」(56%)を挙げた人がトップ。次いで「ポイントが貯まってお得だから」(50%)、「買い物に出かけるのが面倒だから」(36%)と続いた。また「外出すると外食や交通費などの出費が増えるから」(20%)という声が根強い。この結果を見ると、ネットショッピングの利用が増えた背景には「安くて、お得」「出費を抑えたい」といったキーワードが浮かび上がる。

yd_net1.jpg (出典:マクロミル)

 次にネットショッピングの利用頻度を見ると、「月に2〜3回」(27%)という人が最も多く、次いで「2〜3カ月に1回」(25%)、「月に1回程度」(24%)という結果に。ネットショッピングを利用したことがある人のうち、約6割が月に1回以上利用しているようだ。また1カ月当たりの利用金額を見ると、「5000円以上1万円未満」(31%)という人がトップ。購入したことがある商品は「書籍」(63%)が最も多く、以下「衣料・ファッション」(59%)、「CD・DVD」(54%)と続いた。

 ここでペルソナ像を見てみよう。30代男性のA君――ネットショッピングを利用するのは「月に2〜3回」、使う金額は1カ月当たり「3000円〜5000円」ほど。40代男性のB君――利用は「月に2〜3回」、使う金額は「5000円〜1万円」といった感じ。このほか男性の特徴は、ネットショッピングを利用する理由に「安い商品が多いから」を挙げる人が多く、利用時間は19時から深夜にかけてが目立つ。

 一方の女性は月に1回以上利用する人が多く、利用時間は夜(19時〜23時)が最も多かったが、朝から夕方にかけてという人も少なくない。また利用するきっかけとして「メルマガを読んでいるとき」「いつも購入している商品を定期的」を挙げる人が多かった。

yd_net6.jpg ネットショッピングをしている人のイメージ
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news059.jpg
心臓、胃、大腸など約25種類:
news058.jpg
高齢者講習は4カ月待ち:
news004.jpg
キャズム理論が進化している:
news021.jpg
杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
news011.jpg
新人記者が行く(特別篇):
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -