調査リポート
» 2011年02月21日 12時30分 UPDATE

好きなコンビニスイーツ、トップはローソン「プレミアムロールケーキ」

“身近なぜいたく”ということで、男女を問わない人気を集めているコンビニスイーツ。どのコンビニスイーツがお気に入りか尋ねると、トップは断トツでローソンのプレミアムロールケーキだった。クロス・マーケティング調べ。

[Business Media 誠]

 “身近なぜいたく”ということで、男女を問わない人気を集めているコンビニスイーツ。どんなコンビニスイーツが人気なのだろうか。

 クロス・マーケティングの調査によると、「お気に入りのコンビニスイーツ」を尋ねたところ、トップはローソンの「プレミアムロールケーキ」で49.6%と断トツ。以下、「なめらか半熟プリン」(セブン-イレブン)が18.9%、「プレミアムチョコケーキ」(ローソン)が17.7%、「とろけるレアチーズ」(セブン-イレブン)が16.6%、「こだわりクリームの極上シュー」(セブン-イレブン)が16.2%で続いた。

 ロールケーキ系に強みを持つローソンと、総合的なラインアップに強みを持つセブン-イレブンが切磋琢磨(せっさたくま)している構図が見てとれる。

ah_kon1.jpg お気に入りのコンビニスイーツ(出典:クロス・マーケティング)

 コンビニスイーツを購入した時の情報源について聞くと、「参考にした(とても+少し)」という割合が高かったのは「店頭での情報」(51.9%)と「家族、友人、同僚など身近な人の意見」(47.2%)。

 男女ともに年齢が下になるほど、Webからの情報(「お店のホームページ情報」「ブログ、Twitter、コミュニティサイトなどの情報」「口コミサイトやお店のホームページ以外の情報」)を参考にした割合が高く、年齢が上になるほど、マスメディアからの情報(「テレビでの情報」「雑誌での情報」)の割合が高くなっていた。

ah_kon2.jpg コンビニスイーツを購入した時の情報源(出典:クロス・マーケティング)

どんな時にコンビニスイーツを食べる?

 コンビニスイーツを購入する状況では、「新商品を見つけ、食べてみたい時」(63.3%)と「疲れがたまっている時」(62.8%)が上位。以下、「自分にごほうびをあげたい時」が42.5%、「明るい気分の時」が34.5%、「給料日などお昼に余裕がある時」が26.4%で続いた。

 20〜30代女性では「自分にごほうびをあげたい時」や「暗い気分の時」の割合が高く、男性では「配偶者、恋人のご機嫌をとりたい時」の割合が高かった。

 インターネットによる調査で、対象は首都圏と関西圏の有職者で、直近3カ月以内にコンビニ、スイーツ専門店(店頭/通信販売)、デパ地下のいずれかの店舗で冷蔵スイーツを購入し、自分で食べた2024人。調査期間は1月12日から14日。

ah_kon3.jpg コンビニスイーツを購入する状況(出典:クロス・マーケティング)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -