ニュース
» 2011年02月19日 17時20分 UPDATE

富士フイルム、コンパクトな広角タイプの中判カメラ「GF670W Professional」

55ミリフジノンレンズを搭載する中判カメラが発売。6×7センチ判と6×6センチ判を選択できる画面サイズ切り替え機能がうれしい。風景写真や山岳写真、スナップ撮影などで活躍するだろう。

[岡田大助,Business Media 誠]

 富士フイルムは3月23日、55ミリレンズを搭載した中判フィルムカメラ「GF670W Professional」を発売する。価格はオープンプライスだが、実勢価格は27万5000円程度。

GF670W GF670W Professional(出典:富士フイルム)

 GF670W Professional用に新設計した55ミリEBCフジノンレンズ(35ミリフィルム換算で約27ミリ相当)の焦点調節は手動式直進ヘリコイド(全体繰り出し)で、絞りはF4.5からF22、最短撮影距離は0.7メートルだ。

 ファインダーには、ピント合わせがしやすい二重像合致式距離計内蔵採光式ブライトフレームを採用。ファインダー倍率は0.52倍で、ファインダー内にはシャッター速度、撮影モード、露出連動範囲外警告、バッテリー電圧警告を表示する。

 アルミダイカスト製のボディに、外観部品としてマグネシウム合金を採用した、いかにもカメラ然としたデザイン。ボディサイズは178×109×89ミリ(横×高さ×奥行き)で重量は1100グラム(電池別)となる。

 同社では2009年4月に、80ミリレンズを搭載した蛇腹折りたたみ式の中判カメラ「GF670 Professional」を発売。同モデルで採用した6×6センチ判と6×7センチ判を選択して撮影できる画面サイズ切り替え機能※を継承する。

※フィルムセット時に選択するため、撮影途中での切り替えはできない。

 中判カメラで使うブローニーフィルムは、通常の35ミリフィルム(パトローネフィルム)よりも画面サイズが6×6センチ判で約3.6倍、6×7センチ判で約4.5倍と広いため、大きく引き伸ばしてプリントしても、なめらかで粒子の細かいシャープな写真に仕上がるのが特徴だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集