ニュース
» 2011年02月18日 18時55分 UPDATE

まとめ読み!誠 PDF:白骨温泉の若女将が語る、“入浴剤投入事件”の真相

2004年、長野県白骨温泉の一部ホテル・旅館が入浴剤を混入していた事件を覚えているだろうか。これまで沈黙を守ってきた白船グランドホテルの若女将が、事件の真相を語った。

[Business Media 誠]

 面白いと思った特集や連載を、まとめて読みたいと思ったことはありませんか? 「まとめ読み!誠 PDF」は、注目を集めた特集や連載を、まとめて読めるPDFファイルに再編集。1度ダウンロードすれば、気になる記事をいつでも読むことができます。

 →白骨温泉の若女将が語る、“入浴剤投入事件”の真相(前・中・後編を含む)をダウンロードする。

 以下、「“入浴剤投入”発覚から4年――白骨温泉・若女将が語る『事件の真相』」(前編)の冒頭部分を再掲します(本記事は2008年4月25日に掲載したものです)。「まとめ読み!誠 PDF」をダウンロードすると、「白骨温泉の若女将が語る、“入浴剤投入事件”の真相」をダウンロードすることができます。

事件後、姿を消した白骨温泉の「なぜ」?

yd_makoto.jpg 齋藤ゆづるさん

 「人の噂も75日」という。しかし75日どころか、4年経った今でも、人々の記憶に生々しく刻印されている出来事が存在する。2004年、白骨(しらほね)温泉での入浴剤投入発覚を発端として、全国に波及した「温泉偽装問題」である。入浴剤はキッカケに過ぎなかった。水道水を沸かした湯を温泉と称し入湯税まで徴収していた有名「温泉地」を始め、日本全国の温泉施設における驚くべき実態の数々が明るみに出て、我々に強い衝撃を与えた。

 あれから4年。テレビの旅番組では、何事もなかったかのように、全国各地の温泉が紹介され旅情を誘っている。その中には、偽装発覚で問題になった温泉地が多数含まれているし、当時「相当に悪質」と言われたところもある。その一方、偽装問題発覚の発端となった北アルプスの秘湯・白骨温泉だけは、この 4年間、民放キー局の旅番組からは、ほとんど姿を消してしまい、全国の書店で買える旅行ガイドでもその扱いは限りなく小さくなっていた。

 なぜ白骨温泉だけが姿を消さざるを得なかったのか?  その要因の1つは温泉偽装に関する人々の記憶に、「白骨温泉=温泉偽装」という公式ができてしまったことである。

 「たらちねの」と言えば「母」、「あしびきの」と言えば「山」が出てくるように、「温泉偽装問題」と聞くと、反射的に「白骨温泉」「入浴剤投入」というフレーズが枕詞のごとくになってしまったのである。(続く

「まとめ読み!誠 PDF」のダウンロードはこちらから

yd_makoto80.jpg

 →白骨温泉の若女将が語る、“入浴剤投入事件”の真相」をダウンロードする


  • まとめ読み!誠 PDFはPDFファイルで作成しています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です(無償)
  • まとめ読み!誠 PDFのダウンロードは無償ですが、アイティメディアIDへの登録が必要です。登録していない場合や、登録済みの情報に不足がある場合、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面に移動しますので、登録をお願いします。
  • まとめ読み!誠 PDFは、すでに掲載した記事をまとめたものです。記事掲載時点の情報にて記述していますので、一部の表現が現状にそぐわない可能性がございますが、ご了承ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集