ニュース
» 2011年02月16日 16時16分 UPDATE

最高出力550馬力のシボレーカマロZL1登場

米ゼネラルモーターズは、シカゴモーターショー2011で「シボレーカマロZL1」を初披露した。2012年初頭にも北米で販売される。

[岡田大助,Business Media 誠]

 米ゼネラルモーターズは、開催中のシカゴモーターショー2011で「シボレーカマロZL1」を初披露した。最高出力550馬力のハイパフォーマンスカーは、2012年初頭にも北米で販売される。

ZL1 シボレーカマロZL1(出典:米ゼネラルモーターズ、画像をクリックすると拡大します)

 カマロ専用の6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャー付きエンジンに、ツインディスククラッチ搭載の6速MTを組み合わせ、最高出力は410キロワット(550馬力)、最大トルクは677ニュートンメートルを生み出す。カーボンファイバー製インサート部分が盛り上がったアルミ製のエンジンフードが特徴的だ。

 コルベットで採用したデュアルモード排気システムを搭載し、エンジンの回転数に応じて排気音の音量と音質を変化させる。ブレーキは、ブレンボと共同開発のサーキット対応ブレーキシステムを採用した。このほか、カマロでは初めて電動パワーステアリングを装備する。

ZL1ZL1 (出典:米ゼネラルモーターズ、画像をクリックすると拡大します)

 元々「ZL1」は、1960年代にコルベットのレーシングカーのために開発したオールアルミ製大型エンジンのコードネームだった。このエンジンは、1969年に69台だけ市販したカマロにも搭載している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集