ニュース
» 2011年01月31日 17時00分 UPDATE

聞こえるのはロードノイズだけ? Tesla、EVセダン「MODEL S」の走行動画

米テスラモーターズのブログで、MODEL Sのアルファテストの様子が公開された。開発者は「MODEL Sはボディサイズに対して驚くほど俊敏なクルマになった」と語る。

[岡田大助,Business Media 誠]

 米テスラモーターズは、2012年に発売を予定する4ドアEVセダン「MODEL S」の走行動画をブログで公開した。開発者のグラハム・サザーランド氏は「MODEL Sはボディサイズに対して驚くほど俊敏なクルマになった」とつづっている。

現在、アルファテストを実施中

 MODEL Sの性能は、最高速度190キロ、時速100キロまでの加速が5.6秒と発表されており、搭載するリチウムイオンバッテリーの容量に応じて最大航続距離は260キロ、370キロ、480キロと変わる。フル充電まで急速充電器使用で45分程度、バッテリー交換に要する時間は1分程度だという。乗車定員は7人(大人5人に加えて、ラゲッジスペースに2つの補助座席)。

 クルマ作りの伝統にとらわれないテスラらしく、MODEL Sにはアルファテストとベータテストという2つのテストフェーズを設けた。今回、公開された動画はアルファテストのもの。

 サザーランド氏は、「よいハンドリングバランスを持ち、ステアリングから伝わる穏やかな乗り心地。これらは高いボディ剛性と低重心化によってもたらされている」とコメントする。

MODEL S MODEL S ALPHA BUILD(出典:米テスラモーターズ)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集