ニュース
» 2011年01月22日 16時14分 UPDATE

フェラーリ初の4輪駆動「FF」、ジュネーブでのお披露目前にチラ見せ

伊フェラーリは1月21日、初の4輪駆動モデル「FF」の画像をWebサイト上で公開した。FFは、4シーター、4輪駆動を表す「Ferrari Four(フェラーリ・フォー)」の頭文字だ。

[岡田大助,Business Media 誠]

 伊フェラーリは1月21日、初の4輪駆動モデル「FF」の画像をWebサイト上で公開した。FFは、4シーター、4輪駆動を表す「Ferrari Four(フェラーリ・フォー)」の頭文字だ。

FF FF(出典:Ferrari)

 設計はピニンファリーナ。これまでのフェラーリにないプロポーションもあわせ「既成概念を打ち破るその姿は、『進化』というより『革命』と表現できる」とコメントする。

FF (出典:Ferrari)

 新設計の6.2リットルV型12気筒直噴エンジンは、最高出力660馬力/8000rpm、最大トルク683ニュートンメートル/6000rpmを生む。静止状態から時速100キロまでの加速は3.7秒、最高速度は時速335キロだ。トランスミッションは、デュアルクラッチ式F1ミッション。

 ボディサイズは4907×1953×1379ミリ(全長×全幅×全高)、車両重量は1790キロ。4輪駆動システム「4RM」は電子制御システムと完全に統合され、路面状況に応じて適切なトルク配分を行う。重量配分はフロント47%、リア53%。ブレーキにはブレンボ製第2世代カーボンセラミックブレーキ(CCM)、サスペンションには第3世代磁性流体ダンパー(SCM)を採用した。

FF (出典:Ferrari)

 ボディカラーは6色を用意。4人の乗員のための車内スペースと十分なトランク容量(450〜800リットル)を確保した。3月1日から始まるジュネーブモーターショーで正式に発表される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ