調査リポート
» 2011年01月17日 12時13分 UPDATE

2010年のクーポン共同購入サイト市場規模は51億円超、Grouponとポンパレが2強

ルクサはクーポン共同購入サービスの国内市場に関する調査結果を発表、2010年4月に同サービスが国内で登場してからの9カ月間でWebサイト数は170以上となり、累計総売上高は51億円を超えたと推測した。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 クーポン共同購入サイト「LUXA(ルクサ)」を運営する株式会社ルクサは1月17日、クーポン共同購入サービスの国内市場に関する調査結果を発表した。それによると2010年4月に同サービスが国内で登場してからの9カ月間でWebサイト数は170以上となり、累計総売上高は51億円を超えたと推測した。

 月別の売上高を見ると、年末にかけて大きく伸びており、11月は14億7000万円、12月は24億円と急拡大している。ルクサの南壮一郎代表取締役は「12月の調査結果を見ると、大量の広告や、新規会員獲得の大規模なキャンペーンによって、Grouponとポンパレの2社が売上高をほぼ倍増させている。その一方、2番手以下のWebサイトの売り上げはほぼ横ばいで、170のWebサイトのうち3分の1近いサイトが1カ月間の商品掲載数が5以下の状態となっている」とコメントしている。

 また、クーポン共同購入サイトでは通常よりも安い価格で商品を購入できる可能性はあるものの、「Groupon」では2010年末に半額クーポンを販売したおせち料理の配送が遅れた上、商品内容が事前の説明と異なっていたことが判明、掲載店舗の審査基準についての問題点も指摘されている

ah_kupo.jpg クーポン共同購入サイトの月別総売上高とサイト数の推移(出典:ルクサ)

関連キーワード

クーポン | Groupon | 共同購入


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -