ニュース
» 2011年01月15日 17時05分 UPDATE

MINIの新しいコンセプトモデル「MINI Paceman Concept」 (1/2)

BMWは1月10日に開幕したデトロイトモーターショーにおいて、MINIの新しいコンセプトモデル「MINI Paceman Concept(ペースマンコンセプト)」を初公開した。

[日岐まほろ,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 BMWは1月10日に開幕したデトロイトモーターショーにおいて、MINIの新しいコンセプトモデル「MINI Paceman Concept(ペースマンコンセプト)」を初公開した。MINIペースマンコンセプトは、MINI初の4ドアクロスオーバーモデルであるMINIカントリーマン(日本名:MINIクロスオーバー)をベースに、よりパーソナルカラーの強いラグジュアリークーペ風の味付けを行ったモデル。BMWで例えるならばX6のようなイメージだ。つまりコンパクトクラスでは初のスポーツアクティヴィティクーペとして誕生したコンセプトモデルである。

エキサイトイズム

 MINIペースマンのボディサイズは4110×1789×1541ミリ(全長×全幅×全高)で、室内にはカントリーマン同様4名分のシートが用意される。スタイリングは、フロントマスクこそハッチバックのMINIファミリーを意識させるものの、ロングルーフやリアに向かい伸び上がるようなショルダーラインが描くサイドビューは実にスポーティなもの。クロスオーバー譲りともいえるリアフェンダーの力感ともあいまって、実に新鮮な印象を与えてくれる。

 搭載されるエンジンは、MINIシリーズの最強ユニットであるジョン・クーパー・ワークス仕様の1.6リットルターボエンジンで、そのスペックは最高出力155キロワット(211馬力)、最大トルク260ニュートンメートル。駆動方式はMINIクロスオーバー同様の四輪駆動システム「MINI ALL4」も用意されるとのことだ。

エキサイトイズム
       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集