ニュース
» 2011年01月12日 13時23分 UPDATE

就活中の大学生に聞く、働きたい会社はどこですか

現在就活中の大学生は、どの会社で働きたいと考えているのだろうか。文系男子は大手商社、理系男子はメーカーが上位に並んだ。ダイヤモンド・ビッグ&リード調べ。

[Business Media 誠]

 あなたはどの会社に就職したいですか? 現在就活中の大学生(大学院生を含む)に聞いたところ、文系男子では4年連続1位に輝いた三菱商事を筆頭に、三井物産(3位)、伊藤忠商事(6位)、丸紅(7位)と総合商社の人気が強いことが、ダイヤモンド・ビッグ&リードの調査で分かった。

 業界のトップクラス企業へ人気が集中する二極化傾向があり、金融業界ではメガバンクの三菱東京UFJ銀行が2位、三井住友銀行が4位、そのほか損害保険大手の東京海上日動火災保険(5位)、証券大手の大和証券グループ(8位)、野村證券(9位)、信託銀行最大手の三菱UFJ信託銀行(10位)という結果に。「金融業界は業績回復が顕著で、採用面においても各社共に年内にオープンセミナーを数多く開催するなど積極的な姿勢が学生の人気を集めたようだ」(ダイヤモンド・ビッグ&リード)

 逆に順位を下げたのが、電機・自動車メーカー。さらに以前は「憧れの業種」とまで言われた民放テレビ局も、業績低迷の影響からか大きく順位を下げている。新興勢力として注目すべきは、楽天(昨年71位→46位)とニトリ(昨年圏外→70位)。「この2社は、知名度・話題性は群を抜いている上、採用にも積極的であることが人気につながったのであろう」(ダイヤモンド・ビッグ&リード)

yd_work1.jpg 文系男子の就職先人気ランキング(出典:ダイヤモンド・ビッグ&リード)

理系男子のトップは東芝

 理系の男子はどの会社で働きたいと考えているのだろうか。昨年10位だった東芝が1位、以下、パナソニック、ソニー、日立製作所、三菱商事と続いた。理系学生は、一時「メーカー離れ」の傾向にあったが、今年のランキングではメーカーが復活。「大不況の影響で、学生が自身の専攻を生かせる職場でしっかりと『腕』を磨き、好不況に左右されないエンジニアになりたい、という意識のあらわれと推察できる」(ダイヤモンド・ビッグ&リード)

yd_work2.jpg 理系男子の就職先人気ランキング(出典:ダイヤモンド・ビッグ&リード)

 郵送とインターネットによる調査で、現在就活中の大学生と大学院生が回答した。調査期間は2010年10月2日から2010年12月18日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集