ニュース
» 2011年01月06日 08時00分 UPDATE

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:Smart edは、「2台目のクルマ」として魅力的

SmartのEV版「Smart ed」。市販に向けて国内で実証テストを行うことが正式に発表されました。新しい時代のクルマは「それらしく斬新で、スタイリッシュでなければ……」と思っているのですが、Smart edはその条件を満たしています。

[岡崎宏司,LUXURY TV]
LUXURY TV

著者紹介:岡崎 宏司(オカザキ コウジ)

okazaki.jpg

1940年東京生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒業。文化的側面からクルマを斬る自動車評論家。輸入車がレアだった45年以上前に、「旅行に行くから」と言って借りた、父のノーマルのベンツでラリーに出場し、優勝したという、やんちゃな過去も。

※この記事は、LUXURY TVより転載しています。


 2010年10月12日、「Smart ed」のお披露目が行われたのは表参道ヒルズ。市販はまだ先のことになりますが、市販に向けての実証テストを国内で行うことが正式に発表されました。

岡崎宏司のクルマ DE トリップ Smart edのお披露目は、Smartのマイナーチェンジの発表とともに、表参道ヒルズで行われました

 テストはまず3台で始め、2011年以降は10台以上に増やすということです。性能は、最高速度が時速100キロ、静止状態から時速60キロまでの加速が6.5秒、航続距離は135キロとされていますが、シティコミューターとしては十分な性能です。

 ちなみに、Smart edが積むバッテリーは、トヨタも提携している、米テスラのリチウムイオンです。ほんの少しだけステアリングを握る機会がありましたが、とてもスムースで、洗練された走り味の持ち主です。

岡崎宏司のクルマ DE トリップ 白とグリーンのツートーンカラーはもちろんバッチリですが、ホイールのメタリックなグリーンもいいですね!

 EVは当面「2台目のクルマ」と、僕は考えていますが、そういう意味では「Smart ed」には、かなり魅力を感じます。

 とにかく僕は、新しい時代のクルマは「それらしく斬新で、スタイリッシュでなければ……」と思っているのですが、Smart edはその条件を満たしています。

岡崎宏司のクルマ DE トリップ 表参道ヒルズの裏手の通りですが、お洒落な背景にほんとうに馴染みます。ほしくなりました!
岡崎宏司のクルマ DE トリップ

 「electric drive」。もし、僕がSmart edを買ったら、このデカールを付けて、見せびらかして走りたいと思うかもしれません。でも、リアピラー上のプラグマークだけの方がカッコいいかな? という気もします。では、また。

(文&撮影:岡崎宏司)

Copyright (c) 2014 PLOTS Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集