調査リポート
» 2010年12月22日 12時31分 UPDATE

イマドキの小学生は、新聞・雑誌・テレビ・ゲームにどのように接している?

ネットがあるなど、今の大人の小学生時代とは異なった環境のもと育っている現代の小学生。新聞や雑誌、テレビなどのメディアとはどのように接しているのだろうか。電通調べ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 現代の小学生は生まれた時からネットがあるなど、今の大人の小学生時代とは異なった環境のもと育っている。彼らはネット以外のメディアとどのように接しているのだろうか。

 電通の調査によると、関東1都6県の小学生に「新聞を読んでいますか?」と尋ねたところ、「読んでいる」は26.5%。学年が上になるほど「読んでいる」の割合は高くなり(低学年14.0%、中学年25.0%、高学年40.0%)、中学受験を予定している小学生では半数が読んでいた。

 雑誌についても聞くと、「読んでいる」は63.7%と新聞を大きく上回った。「読んでいる」の割合は低学年では53.5%だが、中学年では68.0%、高学年では69.5%と、中学年に入って読み始める児童が増えるようだ。

 テレビについては「見ている」が99.7%と、ほとんどの小学生が日常的にテレビを見ていた。テレビを見る時間帯を尋ねると、平日のピークは「19時台」(50.7%)と「20時台」(49.3%)で、朝では「7時台」(23.0%)がピークとなっていた。

ah_mede1.jpg テレビを見ている小学生の割合(出典:電通)

ゲームをしている時間帯は

 ロールプレイングゲームやアクションゲームなど、さまざまなジャンルがある携帯ゲーム。小学生のうち「携帯ゲーム機を持っている」という割合は53.3%と半数を超えていた。上の学年になるほど持っている割合は増えていたが(低学年30.5%、中学年59.5%、高学年70.0%)、中学受験を予定している小学生では50.0%とやや低くなっていた。

 自宅でゲームをする時間帯を尋ねると、平日のピークは「17時台」(15.7%)、「18時台」(13.3%)、「20時台」(11.3%)で、休日のピークは「16時台」(13.7%)となっていた。

 インターネットによる調査で、対象は関東1都6県の小学1年生〜6年生までの子どもとその子どもの生活時間を把握している保護者(母親)600組(各学年男女各50人)。調査期間は9月5〜6日と8〜10日。

ah_mede2.jpg 自宅でゲームをしている小学生の割合(出典:電通)

関連キーワード

学生 | ゲーム | 子供 | テレビ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集