コラム
» 2010年12月21日 08時00分 UPDATE

あなたのTwitterの発言、印刷して社内に貼り出せますか? (1/2)

ここ半年ほど、Twitterが原因のトラブルの話題を聞くことが増えたという筆者。Twitterなどでの発言からトラブルにならないように、気をつけるべき「パブリックなソーシャルメディアでの行動」について解説します。

[安田英久,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:安田英久(やすだ・ひでひさ)

インプレスビジネスメディアWeb担当者Forum編集長。プログラミングやサーバ、データベースなどの技術系翻訳書や雑誌『インターネットマガジン』などの編集や出版営業を経て、現在、Webサイト「Web担当者Forum」編集長。ビジネスにおけるウェブサイトの企画・構築・運用と、オンラインマーケティングの2軸をテーマにメディアを展開している。


 あなたのTwitter上での発言は、大きくプリントアウトして、社内の目立つところに貼っておいても問題になることはありませんか? 各クライアントにFAXで送付されても大丈夫ですか?

 ここ半年ほど、Twitterが原因のトラブルの話題を聞くことが増えました。ほとんどが、「Twitterはパブリックな場であり、そこでの発言は誰に見られているか分からない」ことを忘れたことが原因のようです。

 例えば、次のようなツイートを関係者が見たらどう思うでしょうか?

 「定例会議終了。いつもながら無駄な時間だ」

 「面倒なクライアントからクレーム飛来。かなりうっとうしい」

 また、体調不良を理由に病欠しているスタッフが、その日の夜に飲み会に参加している様子をツイートしているのを上司が見たらどう思うでしょうか? 逆に、上司から電話で「いいから今日中に必ず終わらせろ、徹夜してでもやれ」と言われた部下が、その30分後に上司が「映画館なう」とツイートしているのを見たらどう思うでしょうか?

 mixiなどこれまでのSNSは、システム上で「友だち」関係になければ、書き込みを見られないのが基本でした。しかしTwitterは、ツイート非公開のアカウントにしない限り、あなたのツイートは全公開されるのです。

 あなたをフォローしていなくても、誰でもTwitterのWebページからあなたのタイムラインやツイートを見られますし、あなたを一方的にフォローするだけで、あなたが書いている内容を自分のタイムラインで眺められるのです。

 会議を「無駄だ」と思うことはあなたの自由ですが、それをTwitter上で発言するのは別の問題です。病欠だったけれども体調が戻ったのなら、業務時間外に飲み会に行くのは悪いとは言いません。でも、それをツイートして公開するのは、休んだあなたの分だけ働いた人の気持ちに触りますよね。

 Twitterは原則として「発言はだれでも見られる」「発言がずっと残る」パブリックなものであり、知られていないと思っていても、意外とあなたのTwitterアカウントを知っている人はいるものだと理解しておきましょう。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集