ニュース
» 2010年12月18日 18時18分 UPDATE

伊藤英明、2010年の日本で一番熱いハートを持った男

キューバの腕時計ブランド「クエルボ・イ・ソブリノス」が選ぶ、「ラティーノJAPAN 2010」に伊藤英明氏が輝いた。ダイヤモンドを散りばめた120万円の腕時計が贈呈された。

[岡田大助,Business Media 誠]

 1882年にキューバの首都ハバナで誕生した腕時計ブランド「クエルボ・イ・ソブリノス」。同社は、ラテンのハートを持ち、その年に一番活躍した著名人を表彰する「ラティーノ賞」を毎年授与している。

 今年で4回目となる「ラティーノJAPAN 2010」には、映画「THE LAST MESSAGE海猿」で“熱い演技”を見せた伊藤英明氏が輝いた。記念品として、ダイヤモンドを散りばめた自動巻きの機械式腕時計「プロミネンテ デュアルタイム」(122万8500円)が贈呈された。

伊藤英明

伊藤 熱いハートを持って仕事に望んできたかいがありました。非常に嬉しく思います。腕時計は、何かの節目に自分へのご褒美として、いくつか購入したことがありますが、ダイヤモンドがあしらわれたラグジュアリーな腕時計は初めてです。

 表彰式のトークでは、クリスマスの話題に。

伊藤 クリスマスの日は、大阪で舞台です。プレゼントは、2人のめいのためにプリキュアを買いました。自分はサンタクロースにほしいものをもらったことがないので、子供たちにはあげたいと……。

 銀河鉄道999の模型がほしかったという伊藤氏。2011年は年男になるということで、「バリバリ仕事をしたいと思います」と上機嫌で語った。

伊藤英明伊藤英明 ヒュミドールに入れられたプロミネンテ デュアルタイム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集