ニュース
» 2010年12月18日 15時48分 UPDATE

メガーヌ ルノー・スポール、F1マシンのノウハウを取り込む

ルノー・ジャポンは、新型「メガーヌ ルノー・スポール」を2011年2月10日に発売する。モータースポーツで培った技術を取り入れた。価格は385万円。

[岡田大助,Business Media 誠]

 ルノー・ジャポンは、新型「メガーヌ ルノー・スポール」を2011年2月10日に発売する。F1マシンなどのモータースポーツで培った技術を取り入れた。価格は385万円。

メガーヌ ルノー・スポール メガーヌ ルノー・スポール(出典:ルノー・ジャポン)

 ツインスクロールターボ付きの2リットル直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、最高出力は184キロワット(250馬力)/5500rpm、最大トルクは340ニュートンメートル/3000rpmを発揮。先代に比べ25%の部品が新しくなり、ブースト圧も2.1バールから2.5バールへと高めた。さまざまなチューニングを行い、特に低回転域でのレスポンスが向上した。10・15モードでの燃費は、ガソリン1リットル当たり11.8キロ。

メガーヌ ルノー・スポール (出典:ルノー・ジャポン)

 トランスミッションには、6速MTを組み合わせる。シャシーは、スポーツ走行に適したシャシーカップを採用。通常のシャシースポールに比べ、剛性が13%高く、アンチロール剛性も15%向上する。

 フロント側のブレーキには340×28ミリ(直径×厚さ)のブレンボ製ベンチレーテッドスリットディスクを、リア側には290×11ミリの同じくブレンボ製スリットディスクを採用した。フロント側は、赤いブレンボ製モノブロック4ポッドキャリパーを組み合わせている。

メガーヌ ルノー・スポール (出典:ルノー・ジャポン)

 横滑り防止装置(ESP)は、ノーマル、スポーツ、オフの3モードを選択可能。スポーツモードでは、ESPの作動タイミングがノーマルよりも遅くなるほか、アクセルペダルマッピングも変更し、エンジンのレスポンスが素早くなる。

 このほか、クルマのデータをリアルタイムに表示するR.S.モニターも搭載。ターボブースト圧、スロットル開度、トルク、出力、ブレーキ圧、オイル温度などのデータ表示やタイム計測が可能だ。

メガーヌ ルノー・スポール R.S.モニター(出典:ルノー・ジャポン)

 ボディサイズは4320×1850×1435ミリ(全長×全幅×全高)で、車両重量は1430キロ。乗車定員は5人だ。

関連キーワード

Renault | 自動車 | モータースポーツ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集