調査リポート
» 2010年12月13日 12時32分 UPDATE

朝型生活のメリットは何ですか?

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 近年、「朝活」が話題になるなど、朝型生活の効能が報じられる機会が増えている。実際に朝型生活をしている人たちは、どのようなことをしているのだろうか。

 NTTアドの調査によると、朝型生活をしている人に「朝の時間帯にやるようになった行動や活動」を尋ねたところ、トップは「家事をする」で51.5%。以下、「PCでメールをチェックする」が44.0%、「PCでWebサイトをチェックする」が37.8%、「自宅で朝食やお茶をゆっくり楽しむ」が37.0%、「最新ニュースをチェックする」が34.0%で続いた。朝の時間帯に利用する店では「コンビニ、スーパー」(65.5%)や「銀行、ATMなどの金融機関」(34.3%)、「カフェ、ファストフード」(28.3%)などが多いようだ。

 活動の具体的な内容では、「為替チェックする」(30代女性、専門職)、「朝のニューヨークの株式情報番組を見ている」(50代男性、専門職)のように海外との時差を解消するために活用しているという声や、「子どもとコミュニケーション」(30代男性、会社員)、「子どものための時間」(50代男性、会社員)のように子どもと接しているという声があった。

ah_asa1.jpg 朝の時間帯にやるようになった行動や活動(出典:NTTアド)

朝型生活をする理由

 なぜ朝型生活をするようになったのだろうか。「朝の時間帯を活用した行動や活動をする理由」を聞くと、最も多かったのは「自分の時間を確保しやすい」で37.8%。以下、「健康に良い」が31.9%、「規則正しい生活を送りたい」が31.1%、「頭や体がスッキリして効率が良い」が28.0%で続いた。「朝早く目が覚める」と自然に朝型生活になっている人も20.5%いるようだ。

 男女別に見ると、男性では「周りが静かで集中できる」、女性では「自分の時間を確保しやすい」の割合が高かった。

 インターネットによる調査で、対象は朝型生活をしている首都圏在住の20〜59歳男女400人(男性200人、女性200人)。調査期間は11月5日と6日。

ah_asa2.jpg 朝の時間帯を活用した行動や活動をする理由(出典:NTTアド)

関連キーワード

早起き


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ