コラム
» 2010年12月09日 08時00分 UPDATE

松田雅央の時事日想:ボルボとベンツに見る、ハイブリッドバスの未来 (2/5)

[松田雅央,Business Media 誠]

燃費 26.7リットル/100キロメートルを実現

 通常の路線バスの燃費が30〜40リットル/100キロメートルとされるなか7700ハイブリッドは平均で26.7リットル/100キロメートルを実現しているから、単純計算で約30%の燃費向上だ。乗客1人当たりのCO2排出量は走行1キロメートル当たり20グラムと、ハイブリッド乗用車のおよそ20%に抑えられる。

 現在、7700ハイブリッドはスイス、ルクセンブルク、ロンドン、スウェーデンなど欧州各地で約40台が運行し、例えばスイス・ポストでは実験的に同車を運用している(スイス・ポストは郵便業務だけでなく路線バスも運行)。この路線は長さ14.6キロメートル、標高差260メートルで平均走行速度は30キロ。同路線で使用している通常の路線バスの燃費が100キロメートルあたり 35.8〜40.6リットルなのに対し、7700ハイブリッドは28.6リットルである。

 7700ハイブリッドはすでに実績を積んでおり、経済性の面でも十分魅力あるものになっている。IAA2010の担当者によれば、通常の車両に比べ価格は高いものの燃費が30%向上するので、10〜12年程度で価格差分を取り戻すことができる。長期的にみてディーゼル価格は上昇が見込まれるから、燃費向上のメリットは今後より大きく響くことになる。

長さ×高さ×幅:12.0×3.2×2.6メートル

重量:18トン

定員:95名

ディーゼルエンジン:Volvo D5F

ディーゼルエンジン出力:215PS/800ニュートンメートル

モーター/発電機出力:160PS/800ニュートンメートル

メルセデス・ベンツ/CITARO

 メルセデス・ベンツはすでに40年前からハイブリッド・コンセプトのバス開発を始めており、1969年開催の国際モーターショーには全長11メートルの実験用EV路線バス「メルセデス・ベンツ OE 302」を出展している。

 日本では馴染みが薄いが、メルセデス・ベンツはバスやトラックといった商用車の生産も手掛けており、ドイツならびに欧州における主要メーカーの1つである。同社が現在生産している路線バスは「Citaro(シタロ)シリーズ」と呼ばれ、2008年には実用的なハイブリッド路線バス「Citaro G BlueTec-Hybrid」のプロトタイプが完成している。

yd_matuda9.jpg ハイブリッド路線バスに定評のあるソラリス社(ポーランド)の最新型「URBINO 18 ハイブリッド」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -