連載
» 2010年12月08日 08時00分 UPDATE

-コデラ的-Slow-Life-:ツルツルすべるRollei 35鏡筒部の謎

光学部分の修理が終わったRollei 35だったが、どうにも気になる個所が残っている。それは、鏡筒部がスカスカで、カメラを下に向けると、スポンと鏡筒部が落っこちてくるのだ。

[小寺信良,Business Media 誠]

 さて、とりあえず光学部分の分解修理により、「撮れない」という問題は解決したRollei 35。一応動作確認もOKなのだが、1つ気になるところがある。それは鏡筒部を引っ張り出すときに、何だかスッカスカなのだ。沈胴しているときに全然止まっていない。

 中古カメラ店のオヤジさんも、本来はもうちょっとネバリがあるといっていた。カメラを下に向けると、スポンと鏡筒部が落っこちてくるぐらいにスカスカなのは、どう考えても沈胴している意味がない。

 もう少しネバリがあるということなので、もしかしたら沈胴を支えるレール部分のグリス切れなのかもしれない。引き出すときにはレンズがぐるぐる回らないように、上下にあるレールの上を滑って出てくる構造なのだ。

Slow-Life 上下2本のレールに乗って鏡筒部が動くのだが……

 一応グリスを付けてみたのだが、スカスカどころか、ツルツルになってしまった。どうもこういうことじゃないようだ。いろんなサイトで分解写真を調べてみたのだが、こういう問題に遭遇している機体はなく、また鏡筒部をスポッと外したあとのボディ部がどうなっているのかが分かる写真もないので、本来どうなっているのかが分からない。

 しかたがないのでもう一度鏡筒部を外し、ボディとの接点部分を丹念に調べてみた。すると、鏡筒部がとおるリング部分に、ビニールテープのようなものがめくれ上がっている個所を見つけた。どう見てもこれが正常な状態ではないと思われるので、この黒いテープをはがしてみた。

Slow-Life どうもビニールテープがはがれているように見える

 ビニールテープに見えたものはやっぱりビニールテープそのものである。はがした跡からは溝が現われたのだが、1976年製造のカメラで、こんなところにビニールテープを使って詰め物をするという製造はおかしい。ここは本来、モルトのようなクッション材が張られていたのではないか。それがレンズを引き出すときのトルクを産んでいたのではないか。これもまた誰かが、適当に修理して失敗したものらしい。

モルトの厚みが合わず……

 さっそく手持ちのモルトを細く切って、この溝に張ってみた。確かにこれで鏡筒部は逆さにしても落ちてこなくなったが、レンズを引っ張り出すときにモルトを挟み込んでしまって、うまくロックできない。

 手持ちのモルトは厚みが1.5ミリのもので、これだと厚すぎるようだ。これまでモルトの厚みが問題になったことはなかったために、いろんなカメラ修理を全部これでやっていたが、今回だけはこれではダメのようだ。

Slow-Life 厚さ1.5ミリのモルトでは厚すぎた

 というわけで、仕事の合間を見つけてもっと薄いモルトを探しに行った。カメラ修理用のモルトは、ヨドバシのカメラリペア製品を扱っているフロアに置いてある。厚みは1ミリ、1.5ミリ、2ミリの3種類しかない。どれにでも使えるだろうということで真ん中の1.5ミリを買っていたわけだが、今回初めて1ミリ厚のものを購入した。798円。

 家に帰ってさっそくこれを張ってみると、適度なトルクを産みつつも、引っ張り出したときに挟まらない。たった0.5ミリの差であるが、全然違うものである。

 さて、さっそくテスト撮影、と思ったところが、今度は露出計が動かなくなった。やれやれと思って電池ボックスを開けてみると、電池ボックス奥の接点の錆がひどくなって、接触不良を起こしたようだ。中に入ったままになっていた電池が、いまだ元気に1.5ボルトを示していたというのは、この接点不良が起こって電池が消耗しなかったからなのだろう。

 このぐらいならば分解してまでやる修理でもないので、サンドペーパーを突っ込んで接点を磨いた。一緒にプラの電池ボックス底部も削れて多少むさむさになってしまったが、まあ仕方あるまい。

Slow-Life 電池の接点も磨いてきれいに

 そんなこんなで、ようやく本来の性能を取り戻すことができた。またもや分解品を引き当ててしまったのは残念だったが、まあ完全に動作する機体となったのでよしとしよう。カメラの作りだけでなく、写りに関してもいまだ根強いファンを持つRollei 35。撮影が楽しみだ。

小寺 信良

photo

映像系エンジニア/アナリスト。テレビ番組の編集者としてバラエティ、報道、コマーシャルなどを手がけたのち、CGアーティストとして独立。そのユニークな文章と鋭いツッコミが人気を博し、さまざまな媒体で執筆活動を行っている。最新著作はITmedia +D LifeStyleでのコラムをまとめた「メディア進化社会」(洋泉社 amazonで購入)。


関連キーワード

-コデラ的-Slow-Life- | 小寺信良


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集