調査リポート
» 2010年12月01日 13時19分 UPDATE

10代の6割、紅白歌合戦を見る予定

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 12月に入り、2011年まであと1カ月となった。「もう少しで冬休みがとれる」と楽しみにしている人もいるだろうが、年越しをどのように過ごす人が多いのだろうか。

 セレスの調査によると、「今年の年越しをどこで過ごす予定ですか?」と尋ねたところ、「家で過ごす」が80.1%と、「出かける」の19.9%を大きく上回った。年代別に見ると、上の年代ほど「家で過ごす」の割合が高くなっていた。

 「出かける」と答えた人に「どのように過ごしますか?」と聞くと、トップは「初詣に行く」で37.0%。以下、「国内旅行をする」が16.4%、「カウントダウンイベントに行く」「仕事をする」がそれぞれ13.2%で続いた。年代別に見ると、「国内旅行をする」は上の年代ほど割合が高くなり、「初日の出を見に行く」は下の年代ほど割合が高くなる傾向にあった。

ah_tosi1.jpg (「出かける」と答えた人に)どのように過ごしますか? (出典:セレス)

紅白歌合戦を見たい人は55%

 近年、かつてほどの視聴率はとれていないNHK紅白歌合戦だが「今年のNHK紅白歌合戦を見ますか?」と尋ねると、「見る(必ず見る+たぶん見る)」は55.0%。年代別では特に10代の視聴意向(62.3%)が高かった。

 ちなみに「印象に残っている年越しの過ごし方」を具体的に聞くと、「初めて寝ずに12時を越えた時」(19歳男性)、「成田空港で誘導路がライトを使いカウントダウンした」(31歳男性)、「2000年問題の時、キャンドルを大量に用意したこと(41歳男性)といった声があった。

 インターネットによる調査で、対象は10〜50代の男女1100人(男性550人、女性550人)。調査日は11月27日。

ah_tosi2.jpg 今年のNHK紅白歌合戦を見ますか? (出典:セレス)

関連キーワード

NHK紅白歌合戦


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集