ニュース
» 2010年11月26日 12時49分 UPDATE

東京のビジネスパーソンは、あまり寝られていない (1/2)

ビジネスパーソンは平日、どのくらい寝られているのだろうか。世界5都市で働く人に聞いたところ、東京の睡眠時間が断トツに短いことが分かった。味の素調べ。

[Business Media 誠]

 ビジネスパーソンは平日、どのくらいの睡眠をとっているのだろうか。世界5都市(東京、上海、ニューヨーク、パリ、ストックホルム)で働くビジネスパーソンに聞いたところ、上海が7時間28分で最も長く、東京は5時間59分と最も短いことが、味の素の調査で分かった。

yd_sleep1.jpg (出典:味の素)

 また理想の睡眠時間と現実の睡眠時間の差を聞いたところ、東京が一番大きく、1時間22分となった。ギャップが小さいのはストックホルム、上海、パリ、ニューヨークという順になり、最もギャップが小さいストックホルムでは理想と現実の差は43分と、東京の約半分という結果に。「東京のビジネスパーソンが、平日の睡眠時間の短いことに不満を抱いている現状がうかがえた」(味の素)

 睡眠に関する不満を具体的に聞いたところ、ニューヨーク、パリ、ストックホルムでは「睡眠時間」がトップ。また「翌日の目覚めや疲労感」なども世界的に高い傾向がうかがえた。東京では「翌日の眠気」を75.0%の人が、「翌日の疲労感」を71.1%の人が感じており、他都市と比べて際立って「翌日に疲れが残っている」状況だ。

 睡眠の満足度を調べると、東京は48.9%が睡眠に不満を感じているとことが分かった。東京以外の4都市は満足度が5割を超えており、特に上海(68.4%)、ストックホルム(60.5%)の満足度に比べると、東京(28.9%)は半分以下となった。

yd_sleep2.jpg (出典:味の素)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集