ニュース
» 2010年11月17日 12時35分 UPDATE

夫婦はどのように寝ているの? 理想と現実

[Business Media 誠]

 就寝時に夫婦でどのように寝ていますか? 既婚者に聞いたところ「同室で別の寝具(近い位置)」(39.3%)と答えた人が最も多く、次いで「同室で同じ寝具」(33.5%)、「別室」(23.8%)、「同室で別の寝具(離れた位置)」(3.3%)であることが、アイシェアの調査で分かった。

 本当はどのように寝たいと思っているのだろうか。「別室」(20.1%)と答えたのは男性16.4%に対し、女性は24.3%と7.9ポイント高い。年代別で見ると、20代で5.9%、30代で17.4%、40代で23.5%と上の年代ほど「別室」希望者が多くなる傾向が見られた。また現在「同室」で寝ている人のうち10.4%が、本当は「別室」で寝たいと回答。一方、現在は「別室」だが、本当は「同室」(49.1%)がいいという人も半数近くおり、現実と理想のギャップが垣間見られた。

yd_bed2.jpg (出典:アイシェア)

未婚者にも聞く、夫婦の理想の寝方

 未婚者は、結婚したら夫婦でどのように寝たいと考えているのだろうか。「同室で別の寝具(近い位置)」(48.4%)を希望している人が最も多く、次いで「別室」(26.6%)、「同室で同じ寝具」(19.1%)、「同室で別の寝具(離れた位置)」(5.9%)と続いた。「同室で同じ寝具」を希望する女性は13.4%だったのに対し、男性は23.3%と9.9ポイントも高い。

yd_bed.jpg (出典:アイシェア)

 インターネットによる調査で、20〜40代の男女615人が回答した。調査期間は10月26日から10月29日まで。

banner

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集