ニュース
» 2010年11月16日 11時00分 UPDATE

はかなくなったジーンズでチャリティを――Levi's FOREVER BLUE

リーバイスが不要デニムの回収を通じてチャリティにつなげるプロジェクトを展開中だ。12月1日には、六本木ヒルズでイベントを開催し、回収ジーンズのチャリティ販売やラジオの公開録音を行う。

[岡田大助,Business Media 誠]
Levi's Levi's FOREVER BLUE

 “Levi's FOREVER BLUE”キャンペーンをご存じだろうか? リーバイ・ストラウスジャパンが2009年から始めたチャリティプロジェクトで、今年も全国のリーバイスストアでデニムボトムス製品を回収している。

 ジーンズとしてはけるものであれば、カラージーンズやキッズボトムズでも対象になる(リーバイスブランド以外も回収対象だ)。回収したジーンズ1本に付き、クーポン券1枚(最大1万2000円オフ+オリジナルエコバッグプレゼント)を配布する。

 本プロジェクトは、3R(リデュース、リユース、リサイクル)を目的として、回収ジーンズをフリーマーケットで販売したり、アーティストやミュージシャンがアート作品やリユースプロダクトとして再生したりして、売上を寄付するものだ。

 12月1日のWorld AIDS Dayには、六本木ヒルズでイベント「Levi's FOREVER BLUE 〜THINK, TALK, HIV 2010〜powered by J-WAVE at Hills Cafe」を開催する。昼の部では、チャリティーフリーマーケット「BLUE MARKET」として回収デニムを一律501円で販売。売上の一部を日本エイズストップ基金に寄付する。夜の部は、J-WAVEのラジオ番組「J-WAVE Levi's CROSSOVER JAM」(20時〜20時54分)の公開録音を行う。HIV/AIDSをテーマにしたスペシャルトークやライブを予定する。

 また、Yahoo! Japanのレッドリボン特集2010内で開催する「Levi's Forever Blue 2010チャリティーオークション」に出品する作品も展示する。回収したジーンズを使ったカスタマイズジーンズや、オカモトコンドームズとのコラボレーションで製作されたコンドームケースなどを直接見られるチャンスだ。

 イベントの詳細や参加方法は、公式サイト「levi.jp」やオフィシャルブログ、オフィシャルTwitterアカウント「@Levis_japan」で随時発表する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集