インタビュー
» 2010年11月12日 09時18分 UPDATE

スマートフォン普及のカギを握る? スマートフォンマイスターに会ってきた (1/3)

iPhoneの一人勝ちだったスマートフォン市場だが、各キャリアが本腰を入れたことで日本でも本格的な競争が始まりそうだ。中でもAndroid他さまざまなOSの端末を投入するドコモでは、スマートフォンマイスターという資格を設け、顧客対応に当たっている。

[郷好文,Business Media 誠]

 スマートフォンが、いよいよ普及期を迎えている。

 道行く人や電車に乗り合わせた人の手元を観察していると、2つ折り携帯ではなくスマートフォンをいじる人が目立ってきた。iPhoneの一人勝ち市場に、2010年4月『エクスペリア』(NTTドコモ)が投入され、そしてこの秋冬で『Galaxy S』(同)、『IS03』(au)など、スマートフォン市場を一気に拡大する新製品が出そろう。

 MM総研の調査によれば、2010年上期(4月〜9月)の携帯電話出荷台数の11.7%がスマートフォンであり、前年同期比2倍以上の伸び(参照記事)。先行する米国市場を見ると、すでに25%前後がスマートフォンで、2011年第3四半期には、多機能携帯とスマートフォンの出荷台数比率は50:50となると予想されている(ニールセン調査、参照記事)

 さらに国内携帯3社の2010年度9月期中間決算は象徴的だ。スマートフォンに注力したNTTドコモとソフトバンクは増益、出遅れたKDDIは減収減益となった。その勝ち負けが経営を左右する――スマートフォン市場は携帯キャリアにとって、今や非常に重要な戦場となっているのだ。

 売り手の鼻息はかくも荒いが、スマートフォン市場を制するには何がポイントになるのだろう? 多機能や画面解像度などハードの良さ、OSの使いやすさ、アプリの豊富さ。確かにどれもYESではあるけれど……。

 「アンドロイドやiPhoneという名前は知っているけど、実はまだよく分からないというユーザー様が多いですね」

潜在顧客にとっては「?」が多いスマートフォン

ay_go01.jpg スマートフォンマイスター、舘野隆一さん。ドコモ丸の内ショップにて

 そう話すのはドコモショップ丸の内店の舘野隆一(たての・たかいち)さん。これまでスマートフォンを使っていたユーザーは「新しいモノに敏感な層」「Macファン」「海外でブラックベリーを使用していた」などのアーリーアダプターだった。だがこれからは一般消費者、マジョリティが主役だ。彼らのスマートフォンへの“心の参入障壁”を取っ払う必要がある。

 「携帯とどう違うのか分からない、何ができるのか分からない、使い勝手が不安、そういう声はまだ多いんです」と舘野さんは言う。

 確かに、身の回りで二つ折りの携帯を使っているドコモユーザーに聞いてみると「Androidって何?」「興味はあるけど」と迷っている様子。迷ったらどうするか? “スマートフォンマイスター”に聞いてみよう。舘野さんの胸に光る赤いバッジは、スマートフォンマイスターの証しである。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -