コラム
» 2010年11月11日 08時00分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング:コンビニのパスタが、“モチモチ”している理由を探る (3/3)

[郷好文,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

モチモチ・シナリオで食べさせる

 10月からは2つの新製品に力がこもっている。まず「焼きパスタ ハンバーグのボロネーゼ」。焼きドーナツ、焼きカレー、両面焼きそばの流行をヒントにしたもので、フォークを当てるとカリカリのレスポンスがある。グッと押すと今度は弾力あるパスタがからんでくる。口に入れたときの、モチカリのハーモニーが楽しい。

yd_go3.jpgyd_go4.jpg 「焼きパスタ ハンバーグのボロネーゼ」(450円)

 そしてリニューアルしたカルボナーラフェットチーネは、ヨード卵がポンと真ん中に座る。チーズは樹脂シート載せから脇寄せに変更した。チンして「アチチッ」と言いながら卵を割ると、見事な半熟卵。自分で卵を割る演出がいい。

 パスタ屋が支持されているのは、食べる瞬間までのモチモチのシナリオがあるからだ。買って開いて食べるだけでなく、混ぜたり、かけたり、くるくるしたり――それがパスタの楽しさである。外食なら当たり前のことが、これまでのコンビニ弁当では我慢させられることがあった。それをパスタクオリティにまで高めたことが、今回のヒットにつながったのではないだろうか。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -