速報
» 2010年11月09日 08時30分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」朝刊:欧州金融不安や利益確定売りに押されてダウ平均は軟調 (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

<NYダウ>11406.84▼37.24

<NASDAQ>2580.05△1.07

<為替:NY終値>81.15-81.21

欧州金融不安や利益確定売りに押されてダウ平均は軟調

 先週の大幅上昇の反動や欧州金融不安が再燃したことなどから売り先行となりました。目先的な過熱感が出ていることや先週末の堅調な雇用統計で足元の景気回復が確認されたことでの材料出尽くし感もあり、利益確定売りを急ぐ展開となりました。ただ、一方で決定的な売り材料があったわけでもなく、半導体株の投資判断の引き上げや業界再編の思惑からインターネット関連銘柄が買われて指数の下支えとなるなど底堅さも見られ、ナスダック平均はほぼ横ばい、小幅高となりました。

 さすがに目先的な過熱感もあって上げ一服となりましたが、ここまでの上昇トレンドが変わったとか、景気回復期待が薄れたということでもなく、雇用統計の発表で一息ついたところで、欧州金融不安の再燃が取りざたされたり、米国内でも金融機関の不祥事などが取りざたされて利益確定売りが嵩んだものと思います。企業業績も好調なものが多く、目先的な過熱感を冷ましつつ、景気回復を織り込むように堅調な地合いは続くものと思います。

 個別には新型機の納入が遅れる可能性が報じられたボーイングが軟調、アイルランドの金融危機が取りざたされ、欧州銀行株が売られ、連れてJPモルガン・チェースも利益確定売りもあって軟調、顧客の巨額損失に絡んでSEC(米証券取引委員会)の調査が入ったと報じられたシティグループも軟調となりました。インテルは投資判断の引き上げもあって買い先行となりましたが、利益確定売りに押されて軟調、ヒューレット・パッカード(HP)は目標株価の引き上げもあって買われました。業界再編の思惑でヤフーが堅調、AOLは大幅高となりました。金先物価格が上昇したことえを受けて、金鉱株が高く、ニューモント・マイニングは堅調、パブリック・ゴールドは大幅高となりました。

本日の相場

日経平均

 昨日の日本市場は先週末の地合いを受けて大幅高となりました。買い先行で始まったあとは上値の重い場面もあったのですが、指数の方向感はなく、円安気味となったことなども好感され、値持ちの良い展開となりました。好決算などに反応するものもあったのですが、持高調整の売り買いが中心と見られ機械株の一角が買われ、商品市況の好転で商社株や非鉄株なども堅調となりました。

 米国市場は方向感がなく、為替も対米ドルでは方向感はないのですが、ユーロが安く、日本市場は昨日までの上昇の反動もあって売り先行となりそうです。ユーロ安の影響も限定的で大きく下げることはないのでしょうが、利益確定売りなどに押されて冴えない展開となりそうです。決算動向もあいかわらず、為替動向を中心とした先行きに対する懸念が根強く、好決算を発表しても素直に好感されないケースも多いと思われます。ただ、円高に対する対応が出来つつある企業も多く、好決算銘柄は底堅さも見られるものと思います。商品相場は底堅く堅調なものも多く、非鉄株や商社株には底堅さも見られるものと思います。

 日経平均は9500円〜600円水準の節目を抜けた感もありますが、まだその範囲での動きとも見られます。本日も9700円台を保ち9800円に近い水準で引けてくれば、今度は9500円〜600円の「下値」を確かめながらの動きとなるのでしょうが、本日軟調となり、9600円台で引けるようであれば、9500円〜600円水準が「下値」なのか「上値」なのかを確認する動きとなって来そうです。為替次第と言う気もしますが、日銀のETF(上場投資信託)買取期待から堅調な地合いが続き、9500円〜600円水準で底堅くなって来るのではないかと思います。

本日の注目点

◇10月の貸出・資金吸収動向(日銀)

◇10月のマネーストック(日銀)

◇9月の国際収支(財務省)

◇10月の対外・対内証券売買契約(財務省)

◇40年物国債〔11月債〕入札

◇10月の景気ウオッチャー調査(内閣府)

◇10月の企業倒産(民間調査会社)

◇9月と4−9月の携帯電話・PHS端末の国内出荷台数(電子情報技術産業協会)

◇4−9月期決算:大林組(1802)、ハウス(1925)、三越伊勢丹(3099)、AOCHD(5017)、太平洋セメ(5233)、SMC(6273)、ダイキン(6367)、東芝(6502)、セイコーHD(8050)、アコム(8572)、大京(8840)、NTT(9432)、セコム(9735)、凸版(7911)

◇1−9月期:楽天(4755)

◇9月の米卸売売上高

◇10年物米国債入札

◇海外7−9月期決算:バークレイズ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集