速報
» 2010年11月05日 16時09分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」夕刊:米国株高を受けて連日の大幅高 (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

市況概況

日経平均 9625.99円 △267.21円
売買高 21億2443万株
日経平均先物 9650円 △290円
売買代金 1兆5900億円
TOPIX 834.98 △18.65
値上がり銘柄 1492銘柄
東証マザーズ指数 355.37 △6.10
値下がり銘柄 123銘柄
日経ジャスダック平均 1150.36円 △5.89円
変わらず 42銘柄
騰落レシオ 77.38% △1.48%

日経平均

円高気味だが米国株高を受けて連日の大幅高

 米国株がFOMC(公開市場委員会)の金融緩和を受けて大幅高となったことから買い先行となりました。主力銘柄に買い気配から始まるものが散見されるなど買い急ぐ動きもあり、大幅高の始まりとなりました。為替は円高気味でしたが、米国でも雇用指標の悪化が無視されて株式市場や商品相場が大きく上昇となったように、外国人売買動向(市場筋推計、外資系10社ベース)が買い越しと伝えられたこともあり、為替や業績動向に関係なく買われて大幅高となりました。

 さすがに前場中ごろからは上値が重くなりましたが、後場に入って買い直されるものが見られるなど堅調な地合いは続きました。週末の手仕舞い売りやヘッジ売りも手仕舞いの買戻しや世界的な株高期待からの買いが入ってあっさりとこなし、値持ちの良い展開が続きました。日銀の金融政策決定会合の結果も特に改めて買い直すような材料でもなく、為替は円高気味となったのですが、特に売り材料視されることもなく、持高調整と見られる買戻しもあり主力銘柄が軒並み大幅高となるなどほぼ全面高となりました。

 小型銘柄も堅調なものが多いのですが、主力銘柄の値動きが良く、乗り換え売りも見られ、主力銘柄ほどの上げとはなりませんでした。それでも日経ジャスダック平均は堅調と言うに止まりましたが東証マザーズ指数は上値が限られたとは言え大幅高となりました。先物は朝方からまとまった買いも見られ、指数を押し上げる場面も見られました。後場に入ると目先筋の売り買いやヘッジ売り、週末の手仕舞いの買い戻しなどが交錯し方向感を出すような動きはほとんどありませんでした。

 米国株高を受けて、円高気味にも関わらず、日銀の金融緩和が特に材料視されたわけでもないにもかかわらず大幅高となりました。昨日の大幅高の反動や円高を嫌気する動きもあるかと思いましたが、日銀がETFを買い取るということで、ETFを組成する動きや組成に絡んでの持高調整で買いが入ったということではないかと思います。いずれにしても下方修正銘柄まで買われているところを見るとETFやオプションなどに絡む、指数絡みの持高調整の買いが入ったと見ても良いのでしょう。

テクニカル分析

日経平均

NYダウ

 一気に雲を抜けて遅行線もぎりぎりのところで日々線を抜けて「三役好転」となりました。遅行線が日々線のサポートを確認しながら押し目を作る可能性もありますがRSIもストキャスティックスも上昇となり、上値余地も大きいことからも底入れ確認となって堅調な地合いが続きそうです。

TOPIX

NYダウ

 一気に基準線を抜けて雲まで戻りました。遅行線が日々線に押さえられ、日々線もいったんは雲に押さえられましたが、雲に絡みながら堅調な地合いとなりそうです。ストキャスティックスは底値圏からの反発となり、RSIも下げ足りないのですが上値余地もあって上昇となり、堅調な地合いが続き戻りを試す動きとなりそうです。

円相場

 転換線を抜けて底入れ感が出ると期待されましたが依然として転換線に上値を押さえられた格好となってしまいました。RSIもストキャスティックスも上昇となりそうだったのですが、ここでしっかりと反発とならないと再度下値を探る動きになりそうです。基準線の下落も続き戻りも鈍いのでしょうが、底入れ感が出れば基準線まではあっさりと戻るものと思います。

NYダウ

銘柄ピックアップ

為替に動きはないが、連日の大幅高

凸版印(7911) 670 △17

 2010年4−9月期の連結営業利益が前年同期の2倍になったもようと新聞で報じられ、買い気配から始まるなど素直に好感する買いが入り堅調となりました。

ニコン(7731) 1616 △64

 相場の地合いが好転したこともあり、昨日の引け後に2011年3月期連結営業利益を下方修正したにもかかわらず大幅高となりました。先行きの業績回復の期待もあるとして従来予想も市場予想も下回ったのですが、特に材料視されませんでした。

日産自(7201) 764 △43

 買い気配から始まり大幅高となりました。昨日の引け後に2011円3月期の連結純利益が前期比6.4倍になりそうだと発表、下期は実質減益ですが、特に問題視されることもなく、上方修正を素直に好感して買われました。

東レ(3402) 476 ▼1

 主力銘柄が総じて堅調となるなかで軟調となりました。昨日の取引時間中に2011年3月期の業績予想を上方修正して買われていた反動もあり、週末の手仕舞い売りもあり、持高調整の買いが入らなかったこともあって軟調となりました。

りそなHD(8308) 512 ▼100

 指数が大幅高となるなかでストップ安となりました。数千億円規模の公募増資を実施する方針を固めたと新聞で報じられ、株式価値の希薄化を嫌気する動きから売りが嵩み、大きく売られました。

オークマ(6103) 465 ▼17

 昨日の引け後に2011年3月期の連結最終損益が従来予想の黒字から一転して赤字になる見通しと発表し嫌気した売りに押されました。総じて堅調な業績を発表する企業が多いなかでの赤字転落ということが嫌気されたものと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集