ニュース
» 2010年11月04日 22時28分 UPDATE

ターボ搭載のCR-Zコンセプト、“スポーツハイブリッド”を提案

アメリカン・ホンダモーターは、北米仕様のCR-Zのコンセプトカーなどを「2010 SEMA Show」に出展した。注目は2つのコンセプトカー「CR-Z Hybrid R」と「CR-Z Racer」だ。

[岡田大助,Business Media 誠]

 アメリカン・ホンダモーターは、北米仕様のCR-Zのコンセプトカーなどを11月2日から5日までラスベガスで開催中の「2010 SEMA Show」に出展した。

 出展車の中には、「CR-Z コンセプトカー by Honda Performance Development (HPD)」2種が含まれる。どちらも「スポーツハイブリッド」としての可能性を提案し、ターボエンジンとIMAの出力向上で149キロワット(202馬力)、237ニュートンメートルを達成した。

 「CR-Z Hybrid R」は、デザイン、スペック共にストリート仕様に。19インチアルミホイールとスポーツサスペンションを装着した。

CR-Z Hybrid R
CR-Z Hybrid R CR-Z Hybrid R(出典:本田技研工業)

 一方、「CR-Z Racer」はレース仕様の17インチアルミホイールとサスペンションを装備。12月3日から5日にカリフォルニア州サンダーヒルレースウェイパークで行われる25時間耐久レースに参戦する。

CR-Z Racer
CR-Z Racer CR-Z Racer
CR-Z RacerCR-Z Hybrid R CR-Z Racerの内装(左)とCR-Z Hybrid Rの内装(出典:本田技研工業)

 また、北米仕様のCR-Zに無限(M-TEC)製アクセサリーを装着したモデルも登場した。新パーツは、フロントスポーツグリル、各種スポイラーのボディキット、ウイングスポイラー、黒色アルミスポーツシフトノブ、17インチアルミホイールなど。これらは、2011年春に300セット限定で発売される。

CR-Z
CR-Z 無限(M-TEC)製アクセサリーを装着したモデル(出典:本田技研工業)

 このほか、ホンダアクセスアメリカが、デザインや機能性を考えたアクセサリーを装着したコンセプトモデル「アコードクロスツアーHonda Factory Performance(HFP)コンセプト」なども登場した。

アコードクロスツアー アコードクロスツアーHonda Factory Performance(HFP)コンセプト(出典:本田技研工業)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集