ニュース
» 2010年11月04日 21時08分 UPDATE

JUKEにターボモデル登場――よりスポーティさを追求した4WDも

日産自動車は11月2日、コンパクトクロスオーバー「JUKE(ジューク)」にターボエンジン搭載モデル「16GT」「16GT FOUR」を追加した。価格は218万9250円〜。

[岡田大助,Business Media 誠]

 日産自動車は11月2日、コンパクトクロスオーバー「JUKE(ジューク)」にターボエンジン搭載モデル「16GT」「16GT FOUR」を追加した。価格は2WDの16GTが218万9250円、4WDの16GT FOURが245万1750円。

JUKE JUKE 16GT FOUR(出典:日産自動車)

 2010年6月に発売した「JUKE」は、当初からターボモデルの投入が予告されていた。本モデルは、新開発の1.6リットル直列4気筒DOHCターボエンジン「MR16DDT」を搭載。直噴ガソリン機構と小型高効率ターボの組み合わせにより、2.5リットルエンジン並みの動力性能と低燃費を実現するという。最高出力は140キロワット(190馬力)/5600rpm、最大トルクは240ニュートンメートル/2000〜5200rpm。燃費はJC08モードで、16GTがガソリン1リットル当たり13キロ、16GT FOURが12.6キロになる。

JUKE (出典:日産自動車)

 トランスミッションには6速MTモード付きCVTを組み合わせ、ヒール&トゥと同様の動きを自動で行うシンクロレブコントロール機構を採用する。また、ドライブモードを「スポーツ」にすると、アクセルを踏み込んだ際にCVTがステップ変速制御を行い、シフトアップ感を強調した挙動になる。

 さらに新開発のトルクベクトル付きALL MODE 4X4-iは、後輪に最適なトルクを配分するだけでなく、後輪左右でも自在にトルクを配分する。例えば「コーナリング時は後輪の外輪に大きなトルクを配分し、車両に旋回モーメントを与えることでアンダーステアを抑制した意のままのライントレース」を実現するという。

 サスペンションも16GT専用チューニングを施し、リア側にはディスクブレーキを採用。特に16GT FOURのリアサスペンションは、接地性を向上するマルチリンク式にした。また、専用色としてスチールブルーメタリックを用意する。

 ボディサイズは、16GTが従来モデルと変わらず4135×1765×1565ミリ(全長×全幅×全高)。16GT FOURは全高が5ミリ高くなり4135×1765×1570ミリになった。車両重量は、16GTが1290キロ、16GT FOURが1380キロ。乗車定員はどちらも5人だ。

JUKE (出典:日産自動車)

関連キーワード

日産自動車 | SUV | 自動車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集