調査リポート
» 2010年11月04日 13時12分 UPDATE

“共同購入型”クーポンに興味はありますか?

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 クーポンを共同購入することで、格安価格でサービスが利用できるというサイトが急速に広まっている。その先駆けとなった米国のGrouponに続けとばかりに、日本でも数十もの共同購入型クーポンサイトが登場しているが、消費者はどのように見ているのだろうか。

 medibaの調査によると、「PC版の共同購入型クーポンサイトの認知・登録・購入状況」を尋ねたところ、「購入したことがある」はわずか2.6%、「登録のみ」を合わせても8.3%と、ほとんどの人は利用したことがないことが分かった。だが、「知っているが、登録していない」を含めた認知率は42.1%と半数に迫っていた。

 また、登録している人に「登録している共同購入型クーポンサイト」を聞くと、「Q:pod」(47.7%)、「Qpon」(31.8%)、「piku」(29.5%)が上位にランクインした。

ah_kupo1.jpg PC版の共同購入型クーポンサイトの認知・登録・購入状況(出典:mediba)

購入したい共同購入型クーポンは?

 共同購入型クーポンサイトを利用するとしたら、何を買いたいのだろうか。PC版の共同購入型クーポンサイトに登録していないが、利用意向はある人に「購入してみたいジャンル」を聞くと、トップは「グルメ」で63.5%。以下、「物品・製品」が52.1%、「旅行・ホテル宿泊」が52.0%、「レジャー施設」が41.0%、「アパレル・ファッション」が32.1%で続いた。

 男女別に見ると、「物品・製品」は女性(48.5%)より男性(56.3%)の割合が高く、「美容・エステ・スパ」は男性(5.6%)より女性(38.9%)の割合が高かった。

ah_kupo2.jpg (PC版の共同購入型クーポンサイトに登録していないが、利用意向はある人の)購入してみたいジャンル(出典:mediba)

 また、PC版共同購入型クーポンサイトに登録しておらず、利用意向もない人に「利用したくない理由」を聞くと、「利用する必要性を感じないから」と「仕組みがいまいちよく分からないから」が19.1%でトップ。以下、「手続きが面倒だから」が15.8%、「自分の住んでいる近くで利用できるサービスがないから」が12.3%、「サイト登録時や決済時のセキュリティー面が心配だから」が9.4%で続いた。

 モバイルによる調査で、対象は20〜59歳の男女1600人(男性800人、女性800人)。調査期間は10月12日から14日。

ah_kupo3.jpg (PC版共同購入型クーポンサイトに登録しておらず、利用意向もない人の)利用したくない理由(出典:mediba)

関連キーワード

クーポン | 共同購入 | Groupon | mediba


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集