ニュース
» 2010年11月01日 07時50分 UPDATE

アートだけじゃない、デザインの六本木へ:秋の東京デザイン祭り (1/3)

春に行われている「六本木アートナイト」や各美術館の連携イベントとともに、“アートの六本木”というイメージが徐々に浸透してきた六本木。東京デザインウィークの期間中、今度は「デザイン」に特化し、盛りだくさんのイベントが開催される。

[草野恵子,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 春に行われている「六本木アートナイト」や各美術館の連携イベントとともに、“アートの六本木”というイメージが徐々に浸透してきた六本木。東京デザインウィークの期間中、今度は「デザイン」に特化し、盛りだくさんのイベントが開催される。中でも見逃せないイベントを厳選紹介しよう。

 まずはデザインタイドトーキョー 2010のメイン会場でもある、東京ミッドタウンへ。中でも注目なのが、東京ミッドタウン・ガレリア3Fのイデーショップ東京ミッドタウン店で発表される、2つの異なる新作家具シリーズだ。2つに共通するテーマは「植物が茂る惑星/地球の家具」。

エキサイトイズム 「HARVEST」アシフ・カーン

 日本初上陸、アシフ・カーン氏による「HARVEST」シリーズは、ロンドンの道端に咲いているかすみ草の花を原料として家具をつくるという実験的なもので、2009年のロンドン・デザイン・ミュージアムで発表され、今年のミラノサローネでも、その革新的な素材と繊細な美しさが大きな話題を呼んだ。

エキサイトイズム

 今回の展示ではイデーとのコラボレーションで誕生した新作のシャンデリアとペンダントライトも登場し、さらに広がりをみせる「HARVEST」の世界を堪能できるはず。10月31日(日)にはアシフ・カーン氏が来日し、セミナーが開催された。

エキサイトイズム

 さらに、木そのものの魅力を活かした切り株のようなスツール「STUMP」シリーズもお披露目される。森から切り出した丸太の存在感はそのままに、ろくろ成形による彫刻的な削り出しを加えて木の持ち味を存分に引き出したこのシリーズは、イデーのデザインチームのほか、ロンドン在住のデザイナー、ピーター・マリーゴールドとマックス・ラムのふたりがデザイナーとして参加している、意欲的なプロジェクト。すべて間伐材を用いてつくられているということで、環境にも人にも優しい材料と製法を追求している。

IDEE DESIGN TOUCH EXHIBITION Plants in the Blue“HARVEST”/“STUMP”

イデーショップ東京ミッドタウン店

10月27日(水)〜11月7日(日)Open.11:00〜21:00


 東京ミッドタウンのデザインイベントといえば、2007年から毎年行われている「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」。4回目となる今年のテーマは「未来のてざわり」。メインコンテンツである「DESIGN TOUCH Exhibition」では、メディアアートの総本山、オーストリア・リンツの「アルスエレクトロニカ」とのコラボレーションにより、デザインとテクノロジーの融合から生まれた未来を感じる作品を展示する。

エキサイトイズム 「アルスエレクトロニカ・センター」 Photo:Nicolas Ferrando, Lois Lammerhuber

 「アルスエレクトロニカ」といえば、2010年2月に東京都現代美術館で行われた「サイバーアーツジャパン〜アルスエレクトロニカの30年」展も記憶に新しいが、今回の展示では、2010年プリ・アルスエレクトロニカのアート部門で、最も権威のある「ゴールデン・ニカ賞」を獲得した「The EyeWriter(アイライター)」や、今回の展示のために新たにつくられた作品「Shadowgram(シャドウグラム)」などを展示予定だ。

エキサイトイズム 「The EyeWriter(アイライター)」

 目の動きをトラッキングすることで、画面上に絵を描き出す「The EyeWriter」は、Free Art and TechnologyとOpenFrameworks、Graffitiリサーチ研究所、そしてThe Ebeling Groupが共同で進めているプロジェクト。身動きの取れない障害者の創作活動に役立てる、非常に社会的意義のあるプロジェクトとして世界中の注目を集めている。

DESIGN TOUCH Exhibition 未来のつくりかた展

東京ミッドタウン・ガレリアB1F アトリウム

10月28日(木)〜11月3日(水・祝)open.11:00〜21:00


 10月30、31日の2日間は「DESIGN TOUCH Conference」が行われた。「アルスエレクトロニカ」ディレクターのゲルフリート・ストッカー氏と「フューチャーラボ」所長のホースト・ホートナー氏の対談をはじめ、プロダクトデザイナー・清水久和氏による講演「愛のバッドデザイン」、中川政七商店・十三代代表取締役社長の中川淳氏とエイトブランディングデザイン代表の西澤明洋氏による「ブランドをはじめよう」など、バラエティに富んだラインアップだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集